テニスの西岡義仁選手が全豪オープン4回戦進出

金曜日の全豪オープンで、日本の西岡義仁がアメリカのマッケンジー・マクドナルドを破り、彼のキャリアで初めてグランドスラムトーナメントの4回戦に進出した。

第31シードのサウスポーである西岡は、メルボルン・パークで7-6(6) 6-3 6-2で勝利し、16のブレークポイントのうち6つをコンバートし、2回ブレークされた。 2回戦で負傷したラファエル・ナダルと対戦したマクドナルドは、西岡の33に対して53のアンフォーストエラーを記録した.

ロシアのハチャノフとの次のラウンドで

第4ラウンドで、西岡は第18シードのカレン・ハチャノフと対戦し、第16シードのフランシス・ティアフォーを6-3 6-4 3-6 7-6(9)で破った。

西岡はネットに出てマクドナルドのフォアハンドをワイドに放ったとき、第1セットのタイブレークを勝ち取った。

27 歳の彼は、次の 2 セットで早い段階でブレークし、それ以上は耐えられませんでした。

西岡自身のテニスに不満

「グランドスラムのキャリアで初めてノックアウトステージに到達できたことは素晴らしいことだ」と西岡は語った。 「それが今年の最初の目標でした。」

西岡は結果に満足したが、試合には満足できなかった:「予想以上に接戦だった。良いテニスではなかった。自分自身を見直したい.

1968年にオープン時代が始まって以来、西岡は松岡修造と錦織圭に続き、グランドスラム大会の4回戦に進出した3人目の日本人選手となった。

男子も女子も、最も重要な日本人選手は全豪オープンを欠場しています。

全豪オープンで 2 度優勝している大坂なおみが妊娠中で、来年テニスコートに戻ることを示唆しているため、怪我をしやすい錦織は出場停止のままである。

Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です