サッカー – 契約延長: エベルはオルモのワールドカップ早期退場に満足

ライプツィヒ (dpa) – RB ​​ライプツィヒのスポーツ ディレクターであるマックス エバールは、ダニ オルモとの契約延長が予定されていることから、スペインがワールド カップで早期に敗退したことを喜んでいます。

「ダニ・オルモがプレーしている間、あなたは彼がノックアウトされ、決勝で決定的なゴールを決められなかったことを喜んでいた」とエバールはベルリンでのザクセン州政府の演説で語った. これは、オルモの契約を2024年まで延長することを「さらに複雑にした」だろう.

オルモは以前、最終的に 4 位に終わったモロッコに対して、ラウンド 16 でスペインに敗れていました。 2020 年の冬に約 2,500 万ユーロでザグレブからライプツィヒに移籍した 24 歳の彼は、7-0 で勝利したコスタリカ戦でゴールを決め、1 点を決めました。 オルモは、ワールドカップのドイツ戦と日本戦でも最高のスペイン人選手の 1 人でした。

攻撃的なプレーヤーは、ライプツィヒでの契約延長にあまり関心がないでしょう。 代わりに、オルモはスペインへの復帰を目指しており、元クラブの FC バルセロナとレアル マドリードが好まれる目的地と見なされています。 特にクリストファー・ンクンクとコンラッド・ライマーの2人のトップミッドフィールドプレーヤーがクラブを去る可能性が高いため、ライプツィヒにとっては苦い損失になるだろう.

© dpa-infocom、dpa:221218-99-943112/2

Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です