サッカー – フランクフルト・アム・マイン – DFL の子会社の主導によるフランクフルトから日本への旅 – スポーツ

フランクフルト/マイン (dpa) – アイントラハト・フランクフルトがカタールでのワールドカップ直前に日本を訪れたのは、単に個人的なイニシアチブによるものではありません。 それが取締役会のスポークスマンであるアクセル・ヘルマンが「キッカー」(月曜日)に語ったことです。 「私たちのアジアへの旅は、DFLブンデスリーガの子会社の主導で国際的に行われています。これには固定ポットがあります。しかし、より多くの費用を自分たちで賄わなければなりません」とヘルマンは語った。 Hessians は 11 月 13 日から 20 日までの日本ツアーを計画しており、ブンデスリーガはワールドカップのためにすでに試合がありません。

ヘルマンは、この地域でヨーロッパリーグの勝者をさらに確立するために、「アジアよりもヴェッテラウを」というスローガンでしばらく前に発表していました。 「それは、DFLがそれを求めたときに、長期契約の延長も含まれる非常に重要な国際メディアパートナーに移るべきではないという意味ではありません」 . ユニットが帰途についたとき。 ヘルマン氏は、「国際的な収益を増やしたいのであれば、コロナ後にリーグを再開する必要がある」と付け加えた。

© dpa-infocom、dpa:220815-99-390923/2

Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。