コロナウイルスは日本の夏の希望を打ち砕いた

日本では、コロナウイルス感染者数が再び増加しており、現在も増加しています 記録的な 110,000 1日で。

この上昇は、観光業界が、2 年間の困難な年を経て、経済状況が最終的に改善するという期待を高めているときに起こります。

コロナウィルス感染の心配はまたしてもお供です

日本人はまた、2 年間のパンデミックの後、ようやく正常な状態が戻ることを望んでいました。 しかし、その間、感染の恐怖は再び絶え間ない仲間になりました.

日本政府は、特に今後の夏休み中に、コロナウイルス感染が増加する中、注意を怠らないよう警告しています。 現在、深刻な感染例はほとんどありませんが、状況は急速に変化する可能性があります。 ただし、制限は予定されていません。

再び不安があちこちで感じられます。 愛知県犬山市では、木曽川で伝統的な「鵜飼」ツアーを提供する観光船を運営する木曽観光の梅村治夫店長が、感染の増加に懸念を表明した。

パンデミックの前は、このツアーは夏に非常に人気があり、年間約 20,000 人の訪問者を集めていました。

しかし、昨年の同社のツアーに申し込んだ観光客の数は、例年の約 10 分の 1 にとどまりました。

予防措置として、木曽観光では 6 月に、配置されている 3 種類のボートの定員の 80% に乗客を制限するツアーの提供を開始しました。

主催者によると、7月上旬の観光客数は前年を上回り、8月中旬のボン・フェリエンまでは団体旅行が中心だった。

企業が懸念している

しかし、現在日本では新たな感染の波が発生しており、観光客数が再び急落する恐れがあります。

観光業が盛んな沖縄県では、7月中旬頃から新たな感染者が出始めました。

県庁所在地である那覇市の国際通りのメインストリートにある土産物店によると、売上高が戦前の約 10 分の 1 にまで落ち込んだ後、5 月上旬以降、顧客の数は徐々に増加していたという。

しかし一方で、特に日本政府が旅行を補助するプログラムを延期したことを考えると、懸念もあります。

Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。