アジア太平洋株式: 上昇は米国の取引所に続く – 日本での取引はありません | 新着

東京/香港/上海/シドニー (dpa-AFX) – アジアの主要証券取引所は、月曜日の友好的な米国株式市場に続いた。 特に香港では、物価が大幅に上昇しています。 一方、日本では祝日のため取引はありませんでした。

アナリストのジェフリー氏は、最近、インフレと米国金利の大幅な上昇の脅威に対する懸念が重くのしかかっていたウォール街が、好調な小売売上高とミシガン州からの消費者心理の回復を受けて、金曜日に印象的な上昇を見せたと書いています。ブローカー Oanda の Halley。 これにより、投資家のリスク選好が高まり、ユーロや豪ドルなどの「通常の容疑者」が上昇しました。 物価もやや回復している。

中国本土の上位 300 社の CSI 300 インデックス (CSI 300) は最近、1.04% 上昇して 4292.59 ポイントになりました。 香港特別行政区のハンセン指数 (Hang Seng) も 2.45% 上昇して 20,795.00 ポイントになりました。

オーストラリアの S&P/ASX 200 (S&P ASX 200) は 1.23% 上昇して 6687.10 ポイントになりました。ここでは、コモディティ価格の上昇がオーストラリア ドルの上昇を相殺したようです。 自国通貨の上昇は、一般的にその国の輸出に不利です

Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。