アイントラハト・フランクフルト: 日本ではサッカーの代わりにアーチェリーと殺陣 | スポーツ

浦和戦 (2:4) との驚くべき逆転劇の後、長谷部誠 (38) は、アイントラハトのチームを彼の母国の日本の伝統的な食事に招待しました: 寿司、ラーメンスープ、魚。 これが彼の永遠の若さの秘密なのだろうか?

アーチェリーでは、リーグ最年長のプロがチームメイトにアーチェリーのやり方を見せました。 新入社員のアウレリオ・ブタさん(25)がぴったり。 Jens Grahl (34) の周りの警備員は、伝統的な剣術の剣術を練習しました。

交代要員イェンス・グラールが剣を振るう

写真: instagram/EintrachtFrankfurt

アイントラハトは日本ツアー中も移動中。 多くの通行人がドイツのスターを認識し、「アイントラハト フランクフルト – ヨーロッパ リーグ」と叫びます。

東京最古の浅草寺で、選手たちは仏教の儀式に従った。 最後に、僧侶がトレーナーのオリバー・グラスナーにお札を差し出しました。 彼はチャンピオンズ リーグとシーズン後半にアイントラハトに幸運をもたらすはずです。

ところで、東京の渋谷県での公式晩餐会の後、選手とコーチはようやく自由な時間を過ごし、ナイトライフに入りました. ルカ・ペレグリーニ(23)とマルセル・ウェニッヒ(18)が日本の打楽器コンクール「太鼓」に出場。

Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です