この日本のフィットネス トレンドは体重を減らします

日本発のスポーツ番組で、いわゆる 「ゼロトレーニング」、 体を引き締めることができれば、 ほとんど汗をかかず、脂肪を燃やします。 少なくともゼロトレーニングを開発した石村智美によれば. 要するに、スポーツプログラムは主にに基づいています 呼吸とストレッチのエクササイズ、 特に労働者のためにそれを作る ホームオフィスに適しています する必要があります。 スポーツ番組が中心 体を強化し、健康を増進します。

トレーニング自体に時間がかかる わずか5分ほど 1 日 1 回の塗布ですぐに最初の結果が得られるはずです。 なぜなら、「ゼロトレ」でカラダが 「健康的な姿勢」 報告。 さらに、体の「重要な」部分を 5 つしかトレーニングしていません。 腰、背中、首、肩、足。

姿勢の「リセット」を目指すゼロトレーニング

特訓方法の考え方: 私たちが日常生活で行っている動きによって、私たちの体は何年にもわたって最初の位置からどんどん離れていきます. この開始位置からの取り外しは、筋肉に悪影響を及ぼし、緊張や痛みにつながる可能性があります。

更に 石村さんによると、姿勢も循環や新陳代謝に影響し、 体重増加や不快感につながる可能性があります。 これらの否定的な展開に対抗するために、日本人はゼロトレーニングを開発しました。 姿勢をリセット ほぼ「初期状態」。

専門家はゼロトレーニングを推奨しています 主に30歳以上の方。 練習には必要です ツールなし。 ヨガマットは便利な追加品ですが、必須ではありません。

手順: これがゼロ トレーニングのしくみです。

研修が始まります 置いた。 床またはヨガマットに仰向けに寝ます。 首と首は少し伸ばして、肩に垂直に合わせる必要があります。 次に、肩を腰に向かって下げます。 腕は上半身と平行。 さらに、腰が下がっています。 次に、足の裏とつま先が床にしっかりと着くように足を曲げます。

トレーニングの後半部分は主に 呼吸法: まず、呼吸に集中しているはずのときに、通常の呼吸を約 30 秒間続けます。 次に、集中して胸から息を吸い、吐き出します。 胸は、呼吸の練習中に30秒間拡張してリラックスする必要があります。 次に、腹式呼吸で同じことを行います。

呼吸法の後は、 ストレッチとリラクゼーションのエクササイズ。 腕が伸びます。 次に、それらを数回上げ下げする必要があります。 腕は「リラックスして基本姿勢」に戻す必要があると彼は言う。 サンマーク.co.jp. 演習の次の部分には、「オープンチェスト」が含まれます。 上半身は背中を肩の方向に伸ばします。 上半身を「できるだけまっすぐ」にする必要があります。 その後、15〜30秒間その位置を保持します。 その後、再びリラックスする必要があります。 上半身の後、腰と骨盤の筋肉を最初に緊張させてから、再び解放する必要があります。

本のヒント: エネルギー! 疲労の迷宮からの健全な出口

ゼロトレーニングの最後の部分は 足を伸ばす。 これらは交互に地面に伸ばして保持されます。 この位置も数秒間保持する必要があります。 その後、リラックスした開始位置に戻ります。 次に、つま先を数回伸ばしてリラックスさせます。 この演習の後、トレーニングは完了です。

記事にはアフィリエイトリンクが含まれています

*注: 編集部では、読者の役に立つ製品を常に探しています。 この記事で提供され、ショッピング カート記号またはアスタリスクが付いているリンクは、いわゆるアフィリエイト/広告リンクです。 これらのリンクのいずれかをクリックまたは購入すると、小売業者から手数料が支払われます。 それはあなたのための価格を変更しません. 私たちの編集レポートは、手数料の有無や金額とは基本的に無関係です。

Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。