おやすみ、ドイツ? ぐっすり眠る夢 健康と薬

ベルリン
7 時間または 8 時間連続で眠ることは、人類の歴史の中で比較的新しい理想です。 昔の人は、今日とは違った方法で休みました。 新しい調査は、ドイツ人が 2022 年にいつ、どのように眠るかを示しています。

携帯電話のスクロールやテレビのちらつきにより、多くの人が必要以上に長く目覚め続け、目覚まし時計が何百万人もの人々を深い眠りから目覚めさせ、街灯が多くの部屋を明るくしすぎています。

ぐっすり眠れるという夢は、毎日多くの人を占めています。 ドイツ通信社が委託した現在の YouGov 代表調査では、ドイツ人がいつ就寝し、どの程度よく眠れるか、または眠れないかを独自の観点から示しています。 しかし何よりも。

「眠る人は罪を犯さない。先に罪を犯す人は、よく眠れる」とカサノバは言ったと言われています。 私たちの言葉には、「睡眠が一番の薬」など、睡眠のイディオムや知恵があふれています。


一晩中眠ることは、1 日を 8 時間の睡眠、8 時間の仕事、8 時間の自由時間に機能的に分割しても、ヨーロッパの工業化のアイデアであり、おそらく資本主義のキメラです。 現代では、睡眠の必要性は一種の欠陥であり、いわゆる怠惰の兆候です。


たとえば、スペインを見ると、ここ数十年で人々が現代の日常生活のシエスタから大幅に追い出されているなど、状況が異なる可能性があることが示されています。 日本学者のブリジット・シュテーガー (「イネムリ: 日本人の睡眠の仕方とそこから学べること」) は、電車や公共のベンチなど、日中の昼寝や短い表面的な睡眠という日本の現象についても説明しました. . 日本語の「居眠り」という言葉は、「存在する」と「眠る」という言葉で構成されています。

歴史家は、睡眠は歴史のある身体機能であると指摘しています。 睡眠と覚醒のサイクルは、体内の要因だけでなく、外的要因にも依存します。また、自然な明暗のリズムは小さな役割しか果たしません。

「睡眠は、私たちが住んでいる社会によって深く形作られています」と、歴史家のハンナ・アールハイム (「20 世紀の睡眠の夢」) は説明しています。 「仕事ほど睡眠に直接影響するものはほとんどありません。起床時間と就寝時間を決定するのは勤務時間です」 交替制、病院、警察、掃除婦、タクシー運転手などで働く人は誰でも、夜働いて日中寝なければならないことがよくあります。 赤ちゃんが最初に学ぶことは、毎日の仕事を妨げない方法で眠ることです。

ギーセン大学の歴史家アールハイムは、「工業化以来、私たちは決して疲れない機械に従わなければなりませんでした。 「鉄道、組立ライン、タブレット、携帯電話。 小型デバイスのおかげで、特にホーム オフィスの場合は、ベッドでもベッドでも仕事ができます。

20 年前、アメリカの歴史家で睡眠研究者の Robert Ekirch (「In the Hour of the Night: A Tale of Darkness」) は、中世の暗夜は眠るだけではなかったという考えを揺るがしました。

産業革命以前の睡眠パターンを研究しているうちに、Ekirch は古い文書の中に「最初の睡眠」と「2 番目の睡眠」の話があることを繰り返し発見しました。 二相睡眠は何世紀にもわたって存在していた、と彼は結論づけた.

したがって、考えたり、話したり、祈ったり、遊んだり、恋をしたりするために、数時間を自分自身に費やすために、合計6時間から8時間の夜間睡眠が通常午前1時頃に中断されました. その後、彼らは再び眠りに落ちました。

フランクフルトの歴史家ビルギット エミヒは、近世の人々の睡眠パターンを調査しました。 エミヒは、たとえば、16 世紀から 18 世紀のギルド規則から、職人は朝 5 時頃から夕方 8 時まで働いていた、つまり、おそらく夜 9 時から朝 4 時 30 分まで寝ていたと判断しました。 これは、当時の都市の閉園時間とほぼ一致しており、驚くべきことにヨーロッパ全土で同じでした。ドアは夜の 9 時に閉まっていました。

その後、17 世紀から主権者の裁判所から変化が生じました。 就寝時間は、区別のしるしであり、重要な差別化要因であり、一種のステータス シンボルになっています。

「宮廷貴族は、町の商人と同様に、夜の活動を通じて他の階級から距離を置いていました」とエミヒは言います。 「宮廷の祝祭文化による夜の征服は、このプロセスの加速と社会的普及を確実にした。」

今日まで、誰もが夜を昼に変えることで、いわゆる労働人口との差別化をすばやく行うことができます。 若者のナイトライフの役割を考えてみましょう。

ちなみに、何世紀にもわたって、快適なベッドは裕福な人々のために用意されていました。 最も貧しい人々は、ほとんどの場合床で寝ており、時にはわらのマットレスで寝ていました。 人々は共同部屋で寝たり、横になったり座ったりすることがよくありました。

ドイツ通信社が委託した新しい代表調査によると、ドイツの成人の大多数は常に真夜中前に就寝します。 YouGov 世論調査機関の調査では、73% が就業日の真夜中前に就寝したと答えました (午後 6 時から午後 10 時の間に就寝したと答えた 21% を含む)。 非稼働日の前および非稼働日であっても、2 人に 1 人以上が真夜中前に就寝しています。

ドイツの成人の 40% は、自分の睡眠の質が悪いと述べています。 10%が「まったくよくない」と答え、30%が「ややよくない」と答えた. この研究によると、男性は女性よりもよく眠れます。調査対象の男性の 62% が自分の睡眠を「かなり良い/非常に良い」と評価し、女性は 55% でした。

合計 7% の人が、入眠や夜間の覚醒に問題があったことは「一度もない」と答えました。 24% が「めったに」、33% が「ときどき」起こると答えました。 結局、3 分の 1 が睡眠障害に苦しんでいます (20% が「よく」、14% が「非常によく」)。 女性はより多くの睡眠障害を抱えています。調査対象の女性の 40% がこれを認めているのに対し、男性はわずか 28% でした。

平均睡眠時間は 41% で 7 ~ 8 時間、同じ数字で 5 ~ 6 時間でした。 9% の人が平均 4 時間未満の睡眠をとっています。 3% は情報を提供しなかった。 ドイツでは、8 時間以上遅くまで寝る人は約 7% にすぎません。 ちなみに、この割合は女性も男性も同じです。

© dpa-infocom、dpa:220808-99-313197/2 (グレゴール・トール、DPA)


Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。