「歴史を書く」:DFBの試金石としての日本 – スポーツ

・ドイツ陣営は日本に敬意を払っている。 ヨーロッパリーグの勝者である鎌田は、国際的に経験豊富な専門家のチームを率いています。 ゲームプランは日本人にとってアドバンテージになる可能性があります。

ヨーロッパリーグ優勝の自信を持って、鎌田大地はワールドカップが始まる前からドイツのチームメイトをからかった.

「私たちは時々冗談を言います。ワールドカップの予選で敗退したチームには、より自由な時間が与えられます。だから、私たちはよく言うのです。もう少し休暇が取れるのは良いことです」と、ドイツの報道機関の鎌田は語った。 今週水曜日の直接決闘前の代理店 (午後 2 時 / ARD と MagentaTV)。 彼は特に、鎌田とは異なり、最初からプレーを許可されていなかったマリオ・ゲッツェとケビン・トラップにジョークを向けた.

2014年の世界チャンピオンにとって恐ろしいシナリオのように見える日本人は、ヨーロッパの多くの経験で達成したい.韓国。

ラウンドオブ16で「歴史を書く」

「ラウンド16かそれ以降に出場したい。それは、歴史を作ることを意味する」と森保一監督は火曜日に語った。 彼のチームの中核はブンデスリーガのプロで構成されています。鎌田のほか、ミッドフィールダーとしてシュトゥットガルトの遠藤航、FC シャルケ 04 のキャプテン吉田麻也が中央の守備にいます。

最近のワールドカップトーナメントでベスト16と予選ラウンドで失敗したアジア人は、ハンジ・フリックのDFB-エルフにとって難しい試金石です。 ドイツに対する日本人の敬意は今でも計り知れません。 ブンデスリーガのプロを知ることは有利になると、SC フライブルクの堂安律は言います。 何よりも、ウィンガーは FC バイエルンのプロに明確に焦点を当てていた:「彼らはクレイジーな選手だ」とドアンは言った。

鎌田、道安、久保建英を中心とした強烈な攻撃力がドイツ開幕戦の自信の理由。 自信も欠けていません。 選手とコーチは満場一致でワールドカップの準々決勝への初出場を目標と呼んだ。 鎌田氏は「ワールドカップに出場した日本チームの中で最も強いチームの1つだと思う。 中心的な質問は最後まで答えられませんでした。 たとえば、ドイツ戦で誰がゴールをキープするか。 権田修一、川島英治、ダニエル・シュミットのトリオ全員が対象。

利点としてのスケジュールは?

トリッキーなグループでのゲームプランは、日本にとってアドバンテージになる可能性があります。 ドイツに対して驚くべきポイントを獲得できれば、日曜日 (11:00) にコスタリカと対戦し、夕方 (20:00) にスペインと対戦する DFB チームにさらなるプレッシャーをかけることができます。 しかし、森保ヘッドコーチは、自分のチームをはるかに超えて、共同お気に入りを見ています。 「ドイツは私たちのモデルであり、それは変わることはありません。一方、日本はまだ発展途上です」と監督は説明します。

個人的に、モリヤスは 26 人の専門家全員が利用可能であると主張しています。 MF森田英正とストライカー伊藤潤也はともに最近怪我を負ったが、やがて回復した。 これは、ブンデスリーガの最終週に脳震盪を起こした後、長い間トレーニングを再開している遠藤にも当てはまります。 ブンデスリーガの同僚との接触は、当面の間、ほとんど停止されています。 または、ドアンがマティアス・ギンターとクリスティアン・ギュンターについて語ったように、「チームメイトと対戦できてとてもうれしいですが、新年まで友達になることはできません。」

Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です