SWR スポーツ ジャーナリストのトム バーテルズ: 「フリックが続くことを願っています」 – サッカー

2022 FIFA ワールド カップ カタールでの予選ラウンドの後、ドイツ代表チームにとってはすでに終わっていました。 SWR のスポーツライターである Tom Bartels は、ワールド カップの惨事から次のような結論を引き出しています。

SWR Sport: ドイツのサッカーは単なる疑似巨人ですか?

トム・バーテル: さて、もしあなたが今そのようなシリーズトーナメントを運営しているなら、現実に直面しなければなりません. 正直なところ、私たちのチームは世界チャンピオンになれると思っていました。 しかし、現実はおそらく違う。 まず、期待を現実に合わせる必要があります。















SWR Sport: 一部の人は、「日本戦はわずか 20 分の悪い時間でしたが、それ以外はすべて問題ありませんでした」と主張しています。 簡単すぎませんか?

バーテル: そんなに簡単であってはならないと思います。 ドイツのチームは日本戦で 20 分の悪い時間を見ただけでなく、実際、すべての試合で、15、20 分間、チームは極端に泳ぎました。 スペインとの非常に良い試合でも。 コスタリカ戦で 2 失点 – チームを完全にコントロール。 観客として、ドイツチームは2番目または3番目のゴールを決めることができると信じられていました。 でも日本戦と同じように、一度に2失点。 勝ったけど、予選で5失点したのが現実。 これは最高の国には起こりません。 そのため、チームは排除されました。

SWR Sport: 現在、人事については多くの議論があります。特に、ハンジ フリック ナショナル コーチについてです。 フリックはまだ適任者ですか?

バーテル: この段階での議論は理解できると思います。それは確かです。 これがサッカーの世界のしくみです。 しかし、私が前進したいのであれば、DFBは本当に時間をかけて距離を置き、正直で厳しい事実分析を行うと自らに言い聞かせなければならないと思います. しかし、私の意見では、それは 20 時間以内に機能するわけではありません。それは、他に誰が取られるべきか、フリックがどのように変更されるべきかを誰もが知っているからではありません.

私の意見では、批判されてきた変更の多くは、冷静に見れば理にかなっています。 ターゲットは長い間 Jogi Löw でした。 現在、彼女はハンジ・フリックの一部です。 しかし、彼が登場して間もないため、彼を批判することはできません。 つまり、オリバー・ビアホフがターゲットです。 とてもシンプルな分析です。 もちろん、誰もが今排除されているという事実に自分の役割を果たしています。 しかし、私たちは本当にそれに取り組む必要があると思います。 私の見解では、ハンジ・フリックはあまりにも良いコーチでも、適切な対策を講じていないコーチでもありません。 彼は自分が何をしているかを知っている人です。 彼はそれをバイエルンで証明した。 彼はもっと信頼されるべきだと思います。 しかし、そのようなものは分析する必要があります。

SWR Sport: 来週、DFB ベルント ノイエンドルフ会長との「危機サミット」で最初の分析が行われるはずです。 そこで何が起こりますか? フリックがファックスを持っていると言って、自分でやめたのだろうか?

バーテル: 特に私の感覚では、ハンジ・フリックは一人では止まらないと思います。 彼が続けてくれることを願っています。 彼はチームと良いつながりを持っていて、何かがそこから始まったと信じています – このトーナメントでも。 最後のトーナメントは良くありませんでした。 全体的に伸びもあったと思います。 ドイツのチームは、コスタリカ戦で 32 本のシュートを放ちました。 ベンチマークではありませんが、これまでの試合で最も多くのチャンスを生み出したと思います – トーナメント全体で。

それは十分ではありませんでした。 しかし、ここ数年、チャンピオンズ リーグのドイツ チームが苦戦していたことを覚えておく必要があります。 ワールドカップについて話しますが、最も多くの代表選手を擁するバイエルンは、ビジャレアルに敗れました。 理由がどこにあるのかを判断するのが少し難しい場合があります。 新しい顔を見せることは、オリバー・ビアホフの立場に影響を与えるかもしれないと思います。

SWR Sport: この欧州選手権は、18 か月後に自国で開催されます。 変更の時間はありますか?

バーテル: それが問題です。 そして次の質問は、より優れたプレーヤーがいるかどうかです。 そうは思わない。 これは確かにオリバー・ビアホフが活躍する分野、つまりドイツのユースアカデミーです。

私の観点からは微調整が必​​要だと思います。 でもそれが2024年まで続くかどうかはわかりません。それでも、チームはそれほど悪くはありません。 残念ながら、それは非常に残念なことでした – 日本戦での悪いスタートでした。

Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です