Geschke: 「ツアー オブ ドイツはクールになるだろう」

RSNプラスベテランが若い BDR チームを率いる

マシュー・セン


サイモン・ゲシュケ(コフィディス)ツアー第7ステージ | 写真:コルヴォス

2022 年 8 月 11 日 | (rsn) – ツール・ド・フランスで印象的なパフォーマンスを見せた後、最終的に総合優勝者のジョナス・ビンゲガード (ジャンボ – ヴィスマ) にかろうじて追い抜かれ、マウンテン ジャージをめぐる戦いで、サイモン ゲシュケはまだ少し息を切らしています。 . シャンゼリゼでのグランド フィナーレから 1 週間後、プロのコフィディスはクラシカ サン セバスチャンで足が重いため、時期尚早に自転車から降りました.news.com.

___STEADY_PAYWALL___ フリブルジョワは、8 月 24 日にワイマールで始まるドイツ ツアー (2nd Pro) をますます待ち焦がれ、ゲシュケが若いドイツ代表チームを率いる予定です。 「ドイツツアーは素晴らしいものになるだろう。それは今年の初めの私の大きな目標の1つだった。コフィディスがそこでレースをしないことを知っていたので、代表チームでスタートできることをうれしく思う.私を除けば若いライダーしかいないので、私たちは間違いなくそこで最強のチームではありませんが、彼らは全員乗ることができます」と36歳は語った.

シモン・ゲシュケは、第 9 ステージを終えて満足しました。ツール・ド・フランスの水玉模様のマウンテン ジャージを制覇したのです。 | | 写真:コルヴォス

Bund Deutscher Fahrrad (BDR) チームの場合、彼は U23 ライダーの Tom Lindner、Jannis Peter (両方とも P&S Benotti)、Moritz Kretschky、Pirmin Benz (両方とも rad-net Rose)、および 28 歳の Jonas Rapp から始めます。 (Hrinkow Advaric による Cycleaning)。

ホームゲームでは、ゲシュケはトップ 10 を目指します – フォームが彼に合っている場合

「自分の経験を選手たちに提供したい。 もちろん、私はすでに計画を立てており、ラップの後、これまでバイクでそれほど新鮮に感じることはありませんでした. つまり。 編集者) そしてインジケーターのようなもの。 その後、ドイツツアーの目標を設定します」とゲシュケは発表しました。

2019 年に続く 2 回目の参加 – その後、彼は 12 位でレースを終えました – ベルリン出身の彼は、フォームが許す限り、一般的な分類を目指したいと考えています。 「もちろん、トップ 10 は良いだろう。それが現実的かどうかは、翌週に判断できる」と、激しい競争のために慎重だった Geschke からの仕様が述べられました。 「Dツアーは非常に混雑している。暫定スタートリストを見たが、一般的な分類でうまくやれる人は確かにいる」と彼は付け加えた。

フリブルジョワは第 18 ステージまで山岳部門でのリードを守りました。Hautacam では、将来の勝者である Jonas Vingaard (Jumbo – Visma) がマウンテン ジャージを取り戻しました。 写真:コルヴォス

ホームゲームの後、彼のチームの母国で下位クラスの 1 日レースがいくつかあります。これは、Geschke が指摘したように、世界ランキングと WorldTour ライセンスに関してコフィディスにとって非常に重要です。 「コフィディスの状況からも、そこでポイントを獲得することが重要であり、私はさらに良いレースをすることに非常に意欲的だ」と、記録のために何かをしたいと考えているベテランは語った. 「また、ワールドツアーのレースで簡単に得られるものではないので、もう少し個人的な結果を期待しています。」


ロンバルディアと日本でシーズンの終わりにワールドカップはありません

一方、同じく9月にオーストラリアで開催されるロード世界選手権は、ゲシュケのプログラムには含まれていません。 「コースがそれほど難しくなく、私がその中で大きな役割を果たせるとは思いません。 また、多くの飛行が必要になるだろう」とゲシュケ氏は言い、別の重要な点を付け加えた:「チームもそれほど熱心ではなかったでしょう. まだポイントが必要なので、コフィディスとのレースにもっと集中すべきだと彼は私に言った。

フライブルク出身の彼は、2019 年にこれまでのところ唯一のドイツ ツアーを行いました。そのとき、彼は CCC ジャージを着てツアーを 12 位で終えました。 | | 写真:コルヴォス

ゲシュケも 10 月にポイント獲得を目指します。 彼は最初にイタリアに向けて出発し、コフィディスによってピエモンテとロンバルディアのツアーに向けて運命づけられました。 「うまくいけば、私はまだ助けたり、自分で良い役割を果たしたりするのに十分な状態にあることを願っています.しかし、私の経験では、10月は実際には私の月ではありません.

彼の最新の任務はまた、10月に極東に行き、ジャパンカップが10月16日にシーズンを締めくくる. 「私はそれをありのままに受け止めます。 自分のフォームを 100% 予測することはできないので、何が起こるか見てみましょう」と、2022 年シーズンの最後の 3 か月を振り返りながらゲシュケは述べました。

Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。