Gamescom 2022 への訪問者数: 265,000 人がケルンにいました

嵐の前の静けさ: 訪問者は、ショーが始まる 1 時間前に既に Gamescom 2022 のゲートで列を作っていました (写真: GamesWirtschaft)


強制的な 3 年間の中断の後、見本市への復帰が成功しました。Gamescom 2022 のために 25 万人以上の訪問者がケルンにやって来ました。

KoelnMesse サイトでの 5 日間の展示運営の後、Gamescom 2022 の主催者は肯定的な結論を導き出しました。265,000 人の訪問者で、373,000 人の参加者が報告された 2019 年よりも 110,000 人少なくなりました。 状況を考慮し、不利な兆候を考慮して、見本市と一般大衆の復帰は依然として明確な成功と見なされなければなりません (ハーフタイム レビュー)。

パンデミック、ウクライナでの戦争、材料費とエネルギー費の上昇、主要な出展者のキャンセルなど、絶え間ない新たな課題のため、Gamescom の再開が成功するかどうか、またどのように成功するかは何ヶ月も不明でした。ベルリンのグリーン ウィークやロサンゼルスの E3 2022 など、小規模で開催されるか、完全に省略されることさえあります。

一方、チケットへの関心の低迷は、入場料の大幅な上昇によっても特徴付けられましたが、広範な 50% オフ キャンペーンの数週間にわたる宣伝で、最終的に測定可能な急増が見られました。 しかし、コロナの状況はほとんど影響を与えていません。2022 年 4 月以降、ノルトライン ヴェストファーレン州では、マスク、検査、予防接種証明書、および主要なイベントでの訪問者の上限に関する要件がなくなりました。

1,100 の出展者の 75% は、オーストラリアからブラジル、日本まで、50 か国以上から参加しています。海外からの参加者の増加は、このイベントの国際的な重要性を強調しています。 「世界最大のゲームイベント」 クラス。

この重要な言葉は、省庁、議会、党本部にも広まりました。 ロバート・ハベック経済相 (Bündnis 90 / Die Grünen) は、予定されていた訪問を急遽キャンセルしなければなりませんでしたが、NRW のヘンドリック・ヴュスト首相 (CDU)、SPD のケビン・キューナート書記長、緑の党を含む 270 人以上の政治家が現場にいました。 – リカルダ・ラング会長。

オンサイトの Gamescom に加えて、ライブ ストリームとビデオ オン デマンドの視聴者数も表示できます。 主催者によると、この番組の視聴回数は土曜日の夜に 1 億 3000 万回を超えました。1200 万回の再生回数は、火曜日の夜に 2,000 人を超える視聴者の前でホール 6 から生放送されたオープニング ショー Gamescom: Opening Night Live によるものです。

KoelnMesse のジェラルド・ボーゼ社長は、Gamesom 2022 は、ドイツが見本市会場として復活していることを示していると考えています。: 「多くのパートナーと Gamescom チーム全体が、Gamescom 2022 を最終的にケルンの展示ホールで再び開催できるように、この再開の間懸命に戦いました。一般的な見本市業界も、特にケルンメッセも、彼らの背後に簡単な道はありません。 、それでも、すべての出展者とともに、何十万人もの人々をサイトに引き付け、世界中の何百万人もの人々を Gamescom に興奮させることができました.

業界団体のCEOであるFelix Falk氏は次のように述べています。 「今年は関係者全員にとって特別な課題がありましたが、初日からどこでも独特の雰囲気を感じることができました。デジタルのみのイベントで 2 年以上経った後、実際の業界やコミュニティとの出会いの喜びは大きかったです。全体として、Gamescom 2022 は私たちの期待: この会場への復帰とさらに拡張されたデジタル サービスにより、Gamescom のハイブリッドな未来を成功させるための理想的な位置につくことができます。」

Gamescom 2022 への扉は、今週の日曜日の午後 8 時頃に閉まります – Gamescom City Festival の一環として、ルドルフ広場とホーエンツォレルンリンクでは引き続き無料のコンサートが開催されます。

Gamescom 2023 の日付はすでに設定されています: 2023 年 8 月 23 ~ 27 日 – Gamescom: Opening Night Live は 8 月 22 日に予定されています。

Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です