BYD、電気自動車3モデルで日本の乗用車市場に参入

東京-



7月21日、日本のBYD Company Limitedの子会社であるBYD JAPAN Inc.は東京でブランド会議を開催し、BYDの日本の乗用車市場への参入を公式に開始した。 この会議では、BYD ATTO 3、BYD DOLPHIN、BYD SEAL の 3 つの BYD モデルが展示されました。

このプレス リリースには、マルチメディア コンテンツが含まれています。 発表の全文はこちらでご覧ください: https://www.businesswire.com/news/home/20220721005513/en/

東京でのBYDブランドカンファレンス(写真:ビジネスワイヤ)

BYD ATTO 3 は、BYD が日本で販売する最初の乗用車となります。 販売開始は 2023 年 1 月中旬の予定です。BYD DOLPHIN と BYD SEAL はすぐ後に続き、それぞれ 2023 年半ばと 2023 年後半に発売されます。 これら 3 つの電気自動車は、より多くの選択肢を提供し、日本の電気自動車市場をさらに強化します。

BYDの会長兼会長であるWang Chuanfu氏は「BYDは世界で最初に電気自動車を開発した企業の1つとして、新エネルギー車の分野で27年のノウハウと経験を持っている。. 当社は、自動車製造に必要なバッテリー、電気モーター、電子制御システム、高品質のチップなど、最先端の技術を習得しています。 消費者の支持と期待に応えるため、BYD は本日、正式に日本の新エネルギー乗用車 (NEV) 市場に参入します。 BYD と日本の NEV 市場の共同の取り組みを通じて、私たちは電動モビリティの最前線に立ち、人々の生活の質を向上させるよう努めています。 »

BYDのアジア太平洋自動車販売部門のゼネラルマネージャーであるLiu Xueliang氏は、「今日から、BYDはディーラーやパートナーとの包括的な販売およびサービスネットワークを徐々に構築していきます。日本は居住者に低炭素のライフスタイルを提供し、顧客満足度を向上させます。

BYDは1999年以来、日本の顧客にバッテリーを供給しており、その後、BYDは革新的な新しいエネルギー貯蔵製品、太陽エネルギー製品、全電気バス、全電気フォークリフトなどの製品の供給を開始し、日本のグリーンで持続可能な発展を加速させました。 BYD の優れた運用実績は、日本で高い評価を得ています。

現在、BYD は 6 大陸の 70 の国と地域の 400 を超える都市で、新エネルギーを動力源とする車両で事業を展開しています。 BYD は、技術革新に基づいて、世界中の顧客にグローバル ソリューションを提供し、新しいエネルギーを取り込み、「地球を 1°C 下げる」ことに貢献しています。

比亜迪について

BYD は、技術革新を利用して人々の生活の質を向上させることを目標とする多国籍ハイテク企業です。 BYD は現在、自動車、エレクトロニクス、新エネルギー、鉄道の 4 つの事業部門で事業を展開しています。 1995 年の設立以来、同社は急速にバッテリーの分野で確固たる専門知識を開発し、持続可能な開発の熱心な擁護者になりました。 同社は、世界中の 50 以上の国と地域にオフィスを構え、再生可能エネルギー ソリューションの拡大に成功しています。 BYD は、手頃な価格の太陽光発電システム、信頼性の高いエネルギー貯蔵、最新の電化輸送を含むゼロエミッション エネルギー エコシステムを構築することにより、エネルギーおよび輸送部門の業界リーダーです。 BYD は、ウォーレン バフェットが支援する企業であり、香港証券取引所と深セン証券取引所の両方に上場しています。 会社の詳細については、http://www.byd.com をご覧ください。

元のテキストが公開されているソース言語は、正式で承認されたバージョンです。 理解を深めるために翻訳が含まれます。 最初に発行された言語バージョンのみが法的に有効です。 したがって、翻訳を出版物の元の言語バージョンと比較してください。

出典:ビジネスワイヤ

Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。