9歳で日本最年少のプロ囲碁棋士となる

囲碁は日本で非常に人気のあるゲームであり、選手はプロに転向するとき非常に若いことが多い. 3年目の藤田玲央が9月1日の関西棋院で最年少プロ囲碁棋士となる。関西碁会)で8月17日に。

関西棋院が4月から開始した特別人材育成制度で初めて初段を取得。

囲碁棋士の日本最年少記録を更新

藤田選手の9歳4ヶ月でのプロ入りは、2019年に同年齢で優勝した13歳の日本棋院中村すみれ選手が保持していたプロ最年少記録を破る。 10回のジャンプが行われました。

関西棋院によると、藤田は同様のプロ囲碁システムを持つ中国、韓国、台湾のどの初段選手よりも若い。

藤田は今年最初の段位試験に合格した

藤田選手は大阪での会見で「プロになれてうれしいです。がんばります」と語り、目標を問われると「世界王者になること」と答え、プロデビューを果たす。 9月末。

藤田さんは小学1年生の2020年6月、関西の日本棋院支社に弟子入りし、プロを目指していた。 今年4月に学校を卒業し、特別人材採用プログラムの関西棋院を受験。 彼は、八段保持者の瀬戸大樹とのテストマッチを含むテストに合格しました。

Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。