4月に沈没した遊覧船を海上保安庁が回収

4月23日、荒波の中、観光客24人と乗組員2人を乗せた遊覧船が沈没。 現在、船の残骸は月曜日に北海道沖の海面近くに引き上げられました。

ボート事故で 14 人が死亡し、12 人が公式に行方不明になっています。

クレーンは船の救助を助ける

救助には日本サルベージ社のはしけが使われた。 彼は、19トンのカズIを、ケーブルを使って水深約120メートルから持ち上げました。

沿岸警備隊によると、3人のダイバーがカプセルに入って海底に登り、ケーブルを船に取り付けて救助を可能にした. このタイプの操作は、ディープ ダイブと呼ばれます。

事故の原因を特定する必要があります

あとボート 海上保安庁によると 斜里沖の浅瀬を曳航。 火曜日にバージに引き上げる必要があります。

その後、当局が事故の原因を特定できることを期待して、ボートは近くの港に運ばれます。 船首に水がかかっているとのことで、沈没前に遭難信号を発信したため、船体が損傷した可能性があります。

行方不明者の捜索は続く

海上保安庁は巡視船などを使って行方不明者の捜索を続けている。 深海ダイバーは先週、ツアー ボート内での 2 日間の捜索を完了し、行方不明者の痕跡は見つかりませんでした。

一方、日本政府は、日本との領土紛争の中心となっている半島沖のロシアが保有する島の1つである国後島に、おそらく行方不明者の2体が打ち上げられた後、ロシア当局と情報を共有している.

沿岸警備隊によると、遺体の近くで日本の運転免許証が発見され、当局は 27 歳の甲板員の遺体である可能性があると考えています。 5月6日に女性の遺体が発見された。

救助活動は、約 1 億 4,000 万円(約 103 万ユーロ)で沿岸警備隊から委託されました。

Elite Boss

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。