陸上競技 – EM で十種競技のカウル:「これまで以上に良い」 – スポーツ

フランクフルト/マイン (dpa) – メダル候補のニクラス・カウルにとって、今シーズンの最優先事項はミュンヘンで開催されるホーム欧州選手権での十種競技です。

「もちろん、客観的にはワールドカップの方が価値があるが、個人的には母国でのヨーロッパ選手権の方が価値がある」とマインツ出身の24歳はドイツ・スポルティフとのインタビューで語った 「私の目標は、ミュンヘンでの最初の種目である 100 メートル ブロックに参加し、これまで以上に体調を整えることです。」

3 週間前の世界選手権では、カウルは 8434 ポイントで 6 位に終わっていました。 ドーハ/カタールで開催された 2019 ワールド カップで優勝したとき、彼は 8691 ポイントの記録を打ち立てました。 世界チャンピオンで世界記録保持者のケビン メイヤー (フランス) も、月曜と火曜にミュンヘンのオリンピック スタジアムで開催されるメダル争いに参加しました。 カウルに加えて、他に 3 人のドイツ人スターターがいます。ディフェンディング チャンピオンのアーサー アベレ、ティム ノヴァク (どちらもウルム出身)、カイ カズミレク (ライン ヴィート) です。

カウルは、東京オリンピックの挫折に直面し、4 つの分野の後に怪我で引退した。 日本への早期撤退は、2024年夏季オリンピックへの彼女のモチベーションになっている.「東京よりもパリでもっとうまくやりたい」とカウルは語った. 「日本では、無観客で、他のスポーツを観戦することができずに、これまでにないようなオリンピックを経験しました。」 だからこそ、彼はパリでのゲームをありのままに体験したいと思っているのです。 ”

© dpa-infocom、dpa:220812-99-362385/2

Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。