遊びを通しての喪 – スポーツ

大きな円の中にいる 57,000 人の観客は、試合前に 1 分間の黙祷を捧げました。 フランス代表は、安倍晋三選手の名前が入ったナショナルジャージを贈呈しました。 フランスのファビアン・ガルティエン監督は、安倍首相が2019年のラグビーワールドカップを初めて日本とアジアで開催する手助けをしたことを思い出し、「彼はラグビーのために多くのことをした」. 日本主将の坂手淳史は、当時安倍がチームのロッカールームに入ってきたことを思い出した。 坂手の前任者で、ホームのワールドカップで日本チームを準々決勝に導いたマイケル・リーチは、「彼の家族のことを本当に悲しんでいる」と語った。

2020 年のオリンピックと同様に、2019 年のラグビー ワールド カップは、主要なイベントを開催するビジネスの場として日本を強化するという安倍首相の戦略の一環でした。

遊ぶか遊ばないか – それは恐ろしい出来事の問題です。 7 日間で 2 度目となる日本のラグビー対フランス戦の前には、おそらく疑いの余地はなかったでしょう。 この試合は、元海兵隊員の山上哲也氏が奈良での選挙集会中に日本のトレーナー政治家である安倍晋三氏が自家製のライフルで射殺したわずか24時間後に始まりました。 その行為は無意味で残忍でした。 しかし、キャンセルによって何が変わったでしょうか? そのため、すべてが計画どおりに進みました。

広大な国立霞ヶ丘競技場前にスタンドを設置。 ラグビー日本代表「ブレイブブロッサムズ」のスローガン「勇者と共に行こう」の旗がアリーナを飾りました。 そして、人がぞろぞろとやってきました。 おそらくワールドカップで手に入れたファンシャツを着ていました。 大きなチームポスターの前で自撮り。 売店でお土産を購入。 すべてがうまくいっているかのようでした。

もちろん、すべてが良くありませんでした。 しかし、日本のラグビー界にとって、プレーを続けることはおそらく安倍前首相を称える最善の方法だった。 国立競技場でのこの雰囲気のある 1 日は、影響力のある政治家の邸宅からの宝石のように見えました。 当時、2019 年のラグビー ワールド カップは、2020 年のオリンピックと同様に、主要な国際イベントを開催し、観光やビジネスの拠点として日本を強化するという安倍首相の戦略の一環でした。 ある意味、ラグビー日本代表はイメージキャンペーンの道具だった。 出来た。 ブレイブ ブロッサムズは満員のスタジアムでスリル満点の勝利を祝いました。 土曜日のフランス戦で熱狂が復活した。

国立競技場は、安倍と彼の支持者が常に持続可能性について考えていなかったという事実への記念碑でもあります

そして、試合の会場である、ウッドパネルのスタンドと緑のバルコニーを備えた洗練された新築の国立競技場は、2012 年から 2020 年までの安倍首相の 2 度目の治世の遺産です。カップ。 . しかし、世界的に有名な建築家ザハ・ハディドの最初の未来的なデザインに基づいたこの建物は、あまりにも高価であり、とりわけ安倍首相が気に入らなかったため、うまくいきませんでした. 2015 年 7 月、シンゾウは安倍ハディッドの計画を取り下げました。 日本人建築家の隈研吾氏が契約を勝ち取った。 彼はラグビーワールドカップのためにスタジアムを完成させることができませんでした. コロナの影響で延期となったオリンピック・パラリンピックでは、無観客で開会式・閉会式や陸上競技の現場となった。 そして今、東京の中心部にある巨大な日本のスポーツ大聖堂のように立っています.

しかし、維持費は年間24億円、1730万ユーロに相当します。 将来の使用費用をカバーする予定はありません。 したがって、国立競技場は現在、右翼保守派の権力者である安倍晋三とその支持者が、戦略において持続可能性を常に考えていたわけではないという事実の記念碑として立っています。 そしてラグビーブーム? 世界統治機関のビル・ボーモント会長の公式声明によると、2019 年のワールドカップは 225 万人のラグビー選手をアジアに引き付け、その中には 100 万人以上の日本が含まれます。 しかし、パンデミックは日本に大きな波をもたらしました。 特にブレイブブロッサムズにとって、ブームはコロナウイルスの恐怖で失われました。 2020年にはテストマッチが1試合も行われず、2021年には7試合しか行われなかった.ニュージーランド生まれのヘッドコーチであるジェイミー・ジョセフは5月に、「我々は明らかに開発が遅れている」と語った.

しかし、安倍晋三はパンデミックについて何もできませんでした。 これが、彼が日本ラグビー界の偉人たちのヒーローであり続ける理由です。 坂手淳史は「彼はラグビー界と日本のすべてに貢献した」と語った。 マイケル・リーチは安倍を「偉大な男」と呼び、「彼の名を称えるために勝つことを望んでいた」と語った。

2023年に次のワールドカップを開催するラグビー大国のフランスに対しては、ほぼ効果があった。 時には日本が勝てるかのようにさえ見えた。 Baptiste Couilloud の決定的なトライは遅かった。 そして、日本のテビタ・タタフがファンブルの歓声の中、フランスのゴールラインを越えてボールを動かした後、ビデオの証拠がその喜びを台無しにしました. 映像は、タタフが芝生に着地したときにボールをコントロールできなかったことを示していました。 彼は後ろにとどまった。 すぐにそれは終わり、めったにない機会が無駄になりました。 「がっかりしています」とジェイミー・ジョセフは言いました。 もちろん、彼はこの敗戦が日本の最大の問題ではないことを知っていました。

Elite Boss

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。