通貨 – ユーロは対米ドルで 20 年ぶりの安値に下落 – 経済

フランクフルト/マイン (dpa) – 木曜日のユーロは一時的に米ドルに対して 20 年ぶりの安値に下落した。 一夜にして、共通通貨は 0.9809 ドルまで下落しました。これは 2002 年後半以来の最低水準です。午後遅くまでに、ユーロは 0.9816 ドルで取引されました。 欧州中央銀行はベンチマーク レートを 0.9884 ドル (水曜日: 0.9906 ドル) に設定しました。 したがって、ドルの費用は 1.0117 (1.0095) ユーロです。

他の多くの通貨と同様に、ユーロは最近、ドルの強さの影響を受けています。 一方で、米国通貨は米国連邦準備制度理事会の制限的な金融政策の恩恵を受けており、水曜日の夜に 3 回連続で主要金利を 0.75 ポイント引き上げました。 その背景には、非常に高いインフレがあります。 一方、ますます暗い地政学的状況により、ドルは需要があります。 ロシアの部分的な動員は、前日に投資家をドルの安全な避難所に向けてすでに押し進めていた. ユーロは以前、ドルと同等の水準で取引されていました。

コメルツ銀行の専門家、エスター・ライヒェルト氏は「ロシアからのエネルギー供給のほとんどがすでに停止していることを考えると、さらなるエスカレーションの直接的な影響は当面の間、軽微にとどまるはずだ」とコメントした。 「しかし、為替レートの反応は、ウクライナでの戦争に起因するリスクが決して十分に織り込まれていないことを示しています。」 ヨーロッパは、米国よりもロシアのエネルギーに大きく依存しています。

日本が介入

一方、為替市場への介入を受けて円高が進んだ。 このように、日本政府は非常に弱い自国通貨に備えています。 円は、他の多くの中央銀行とは異なり、インフレに備えていない日本の中央銀行の金融政策によって長い間圧迫されてきました。 木曜日、中央銀行の金利会議の後、この政策が確認されました。 介入後、円はドルとユーロに対して上昇した。

トルコの中央銀行は、インフレ率が高いにもかかわらず、再び主要金利を引き下げました。 非常に緩和的な金融政策を考えると、それは長い間圧力を受けてきました。 現在、ドルに対してかつてないほど弱い。 ドルは過去最高の18.40リラで最高値をつけた。 8 月のトルコのインフレ率は 80% でした。 これは24年ぶりの高水準です。 実際、経済学説によれば、金利の大幅な引き上げが議題になっていますが、トルコの大統領は中央銀行に圧力をかけ、利下げを繰り返し求めています。

他の主要通貨については、ECB は 1 ユーロのベンチマーク レートを 0.87256 (0.87335) 英国ポンド、139.18 (142.66) 日本円、0.9684 (0.9549) スイス フランに設定しています。 今日の午後、ロンドンでは1トロイオンスの金が1,673ドルで取引されていた。 前日より約1ドル安かった。

© dpa-infocom、dpa:220922-99-854725/3

Wakabayashi Chie

「熱心なトラブルメーカー。アマチュア旅行の第一人者。熱心なアルコール愛好家。ゾンビ学者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。