計画中の高さ350メートルの木造超高層ビル

クライメート ニュートラルな建設セクター

ロバート・クラット

  • 日本では、 2041年 a 高さ350メートルの木造超高層ビル 発展させる
  • で可能です 新しい複合ビーム構造の中に 鋸歯状の木台 インストールされる
  • 新しいインターフェースのおかげで、 木製の梁がしっかりした造り素材を保存する

複合梁を構築する新しい方法により、超高層ビルを木材で構築することが可能になります。 このイノベーションは、建設部門における CO2 排出量の削減に貢献することを目的としています。


東京、日本)。 建設業界は、しばらくの間、高層ビルの材料として木材を実験してきました。 現在までにノルウェーで最も高い木造の超高層ビルは、空に 85 メートルそびえ立っています。 日本の建設グループ日建設計と木材加工グループの住友林業は、木製の梁と鉄筋コンクリートの天井パネルを組み合わせた革新的な複合梁工法を開発しました。 このようにして、高さ 350 メートルまでの超高層ビルを建てることができます。これらの高層ビルは主に木造です。


新しいプロセスのおかげで、最大 12 メートルのスパンを持つ木製の梁を取り付けることができます。 これまで、高層ビルの木造梁の長さは最大6メートルでした。 さらに、床の高さと必要な材料を減らすために、新しい木製の梁は浅くなっています。 両社によると、木造は中規模の超高層ビルに最適とのこと。


鋸歯状の木製梁

新しい木製の梁には、鋸歯状の表面があります。 これを行うには、深さ 3.5 センチメートルまでのノッチをビームに 25 センチメートルごとに切り込みます。 各キャビティの中央には、厚さ 16 mm の六角頭ネジが挿入されています。 次に、鉄筋コンクリートの天井が木製の梁に適用されます。

開発者によると、鋸歯状のパターンは、従来の鉄骨や鉄筋コンクリート構造に劣らない、特に強力な構造を持つ複合構造を作り出します。 さらに、鋸歯状のパターンは、従来の通常の木製梁と比較して、コンクリートスラブを所定の位置に保持するために必要な鋼製ネジの 10 分の 1 しか必要としません。


2041 年までに木造の超高層ビル

W350 プロジェクトは、住友林業が 2018 年に開始したプロジェクトです。目標は、2041 年の創業 350 周年までに高さ 350 メートルの超高層ビルを建設することです。

新しい方法は、建設部門での CO2 排出量を大幅に削減するのにも役立つはずです。 現在、日本には第二次世界大戦後に植林された大規模な産業林があります。 しかし、1960 年代の GATT 自由貿易の第 1 回ラウンドで、木材の輸入は自前の資源を使用するよりも安かったため、木材の使用は崩壊しました。 日建設計と住友林業は、高層ビルの建設に木材を使用することで、日本における木材の新しい大衆市場の出現につながることを期待しています。 これはおそらく、地元の針葉樹林を再び利用する価値のあるものにするでしょう。

Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。