角田祐希「日本人初の優勝をしたい」 / F1

2021 年、角田祐希は 2014 年の小林可夢偉以来の日本人 GP ドライバーとなった。レッドブルとホンダの後継者である彼は、2023 年にもアルファタウリのドライバーとなる。

2022 年 9 月 22 日以降、日本の角田祐希も 2023 年にスクーデリア アルファタウリでドライブすることが明らかになりました。レッドブルとホンダの後継者である彼は、猛スピードで F1 に参入しました。2018 年には日本の F4 チャンピオンシップで優勝し、2019 年には優勝しました。フォーミュラ 3 ドライバーとして、2020 年にはフォーミュラ 2 で総合 3 位に終わり、レッドブル モータースポーツを納得させました。 アドバイザーのヘルムート・マルコ博士は、2021 年にアルファタウリでモンツァ GP 優勝者のピエール・ガスリーと並んで 2 位になったことについて語っています。

2021年3月末、日本人としては2014年の小林可夢偉以来となるレギュラードライバーとしてプレミアクラスに参戦し、9位で一気にポイントを獲得。 これまでの 10 年間で、これを達成したパイロットは 5 人だけでした。

時々ユキは腕をつまむ必要があり、すべてがとても速く起こった. 角田は次のように述べています。 フォーミュラ 1 に参加するには、才能と献身だけでなく、少しの運も必要です。これは、自分でコントロールすることはできません。

角田の志望動機:「F1で日本人初の優勝を果たしたい」

彼の同胞のこれまでの最高の結果: 表彰台の 3 つの場所。 鈴木亜久里は1990年日本グランプリでローラ・ランボルギーニを駆り(マクラーレンのアイルトン・セナとウィリアムズを駆るリカルド・パトレーゼに次ぐ)3位でフィニッシュし、佐藤琢磨も2004年のインディアナポリスでBAR-Hondaを駆って3位に終わった(フェラーリのドライバー、ミハエル・シューマッハとルーベンス・バリチェロに次ぐ)。 )、小林可夢偉は最終的にファンを喜ばせ、セバスチャン・ベッテル(レッドブル・レーシング)とフェリペ・マッサ(フェラーリ)に次ぐ3位をザウバーで2012年の鈴鹿で獲得した.

角田は2021年の冬季テストでルーキーのようにパフォーマンスを発揮したのではなく、非常に精通したベテランのようにパフォーマンスを発揮しました.GPの新参者であるツノダユキは、アルファタウリ-ホンダでバーレーンテストをセンセーショナルにリードし、最終的にはマックスフェルスタッペンがわずかに速かった. ユキの周りの誇大広告は巨大でした.

5年前、ユキはまだカートに乗っていた. 角田さんは「15歳になるまで、父はいつもメカニックだった。父より良い先生は想像できなかった。何より、最後の溝でブレーキをかける方法と、コーナーで可能な限り勢いをつける方法を教えてくれた」と語った。今日も楽しんでます。」

日本人がヨーロッパでキャリアを積むとき、それはカルチャーショックです。 ユキさんの一番の変化は? 日本人は「食とことば。 最初はスイスに住んでいましたが、みんなフランス語しか話せませんでした。 私は食べるのが好きですが、習慣を変えなければなりませんでした。 ほとんどの場合、日本人は食べられなかったからです。 時間をかけて適応しました」 現在、ユキはファエンツァにあるアルファタウリのレーシングカー工場の近くに住んでいます。

F1までの彼のキャリアの最高または最悪の瞬間について、彼は次のように述べています。 そして、私はそれを知っていました.Hondaはトップ2だけをフォーミュラ4に持ち込むでしょう.私は父に言いました.「それができないなら、私はレースをやめます.」 すべてを変えたのは中島悟だった。 元F1ドライバーは、ホンダの関係者が私を昇進させることを勧めました. ハイライトは、2019 年のモンツァでのフォーミュラ 3 での勝利でした。そのパフォーマンスのおかげで、レッドブル モータースポーツ コンサルタントのヘルムート マルコ博士は、2020 年のフォーミュラ 2 を彼に紹介しました。ヨーロッパでの最初の勝利でもありました」

2021 年と 2022 年に、角田は 36 の F1 世界選手権レースに出場し、10 回の得点を記録しました。

イタリアGP、アウトドローモ・ナツィオナーレ・モンツァ

01. マックス・フェルスタッペン (オランダ)、レッドブル・レーシング、1:20:27.511
02. シャルル・ルクレール (MC)、フェラーリ、+2.446秒
03. ジョージ・ラッセル (英国)、メルセデス、+3.405
04. カルロス・サインツ (A)、フェラーリ、+5.061
05. ルイス・ハミルトン (GB)、メルセデス、+5.380
06. セルジオ・ペレス (MEX)、レッドブル・レーシング、+6.091
07. ランド・ノリス (GB)、マクラーレン、+6.207
08. ピエール・ガスリー (F)、アルファタウリ、+6.396
09. ニック・デ・フリース (NL)、ウィリアムズ、+7.122
10. Guanyu Zhou (RC)、アルファ ロメオ、+7.910
11. エステバン オコン (女)、アルパイン、+8,323
12. ミック・シューマッハ (右)、ハース、+8.549
13. バルテリ・ボッタス (FIN)、アルファロメオ、+1 周
14.角田有希(J)、AlphaTauri、+1 Rde
15.ニコラス・ラティフィ(CDN)、ウィリアムズ、+1ラップ
16. ケビン・マグヌッセン (DK)、ハース、+1 ラップ

ダニエル・リカルド(AUS)、マクラーレン、エンジントラブル
ランス ストロール (CDN)、アストン マーティン、エナジー リカバリー
フェルナンド アロンソ (E)、アルピーヌ、水不足、エンジンのオーバーヒート
Sebastian Vettel (D), Aston Martin, エナジーリカバリー

チャンピオンシップのステータス (22 レース中 16 レース後)

運転者
01.フェルスタッペン 335点
02. ルクレール 219
03. ペレス 210
04.ラッセル203
05.サインツ187
06.ハミルトン168
07.ノリス88
08.オコン66
09.アロンソ 59
10. ボッタズ 46
11. 気体 22
12. マグヌッセン 22
13.ハグ20
14. リカルド 19
15.シューマッハ 12
16. 角田 11
17.周6
18. お散歩5
19. アルボン 4
20. デ・フリース 2
21. ラフィ 0
22. ニコ・ヒュルケンベルグ (R) 0

ビルダーのトロフィー
01.レッドブル・レーシング 545点
02.フェラーリ406
03.メルセデス371
04.アルパイン125
05.マクラーレン107
06.アルファロメオ52
07.ハース34
08. アルファタウリ 33
09.アストンマーチン25
10.ウィリアムズ 6

Takagi Toshiko

「熱心なコミュニケーター。一般的なアルコール ファン。受賞歴のあるライター。ウェブ オタク。情熱的な音楽の実践者。邪悪なポップ カルチャーの伝道者。旅行の第一人者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。