藤井聡太が日本最年少で4冠を達成

藤井聡太は何年もの間、絶対的な将棋の神童と見なされてきました。 19 歳の彼は、新たなタイトルと新たな記録を獲得しました。

11月13日の竜王戦で、藤井はディフェンディングチャンピオンの豊島昌幸(31)に勝利した。 若きプロ棋士の4度目のタイトル。 史上最年少の選手として 非常に多くのメインタイトルで。 最近では、羽生善治が記録を保持し、1993 年に 22 歳で 4 回目のプロトーナメントで優勝しました。

藤井氏は現在、将棋のリーダーの一員です

彼の勝利により、藤井は現在、37 歳の渡辺明を退け、日本の将棋スポーツの頂点に立っています。 彼は現在、3つのタイトルしか持っていません。

一方、メジャー8大会中4勝を挙げたのは藤井選手が6人目。 竜王のほか、棋聖、王位、英王王座も獲得。 竜王の称号は名人で最も重要な称号と考えられているため、称号を持つ選手もトップに立っています。

勝利に圧倒される将棋の神童

しかし、彼が豊島に勝ったという事実は、一部の人には明らかではありませんでした. 富士は今年彼と3回対戦しなければなりませんでした。 昨年の豊島戦では6試合で1勝も挙げられなかった。

藤井自身、最初は自分の勝利を信じられず、名誉あるタイトルを獲得できて非常に光栄に思っていました。 この栄誉を勝ち取るために、今後も一層の努力を重ねていきたい。

次に藤井選手は、来年開催される王将選手権での優勝を狙う可能性が高い。 渡辺さんにも会えます。 しかし、2023年に名人王座を獲得するチャンスは一度しかない。

Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です