統計: ドゥカティの連勝を止めることができるのは誰? / モトGP

2022年シーズンの第14回MotoGPクラスのレースウィークエンドは、金曜日にミサノワールドサーキットで始まります。 ファビオ・クアルタラロ(ヤマハ)はチャンピオンシップのリードを広げようとしていますが、ドゥカティは隠れています。

今年、ヤマハがMotoGP世界選手権をリードするライダーは1人しかいませんが、ファビオ・クアルタラロは20レース中13戦で首位を快走しています。 アレイシ エスパルガロとペッコ バニャイアの課題は明確です。それは、フランスの世界チャンピオンのポイントに追いつくことです。 しかし、統計はヤマハを物語っています。 SPEEDWEEK.com に概要が掲載されています。

  • ヤマハはミサノで最も成功したコンストラクターであり、MotoGP で 8 勝しています。 バレンティーノ・ロッシ (2008、2009、2014) とホルヘ・ロレンソ (2011、2012、2013) は 3 回、フランコ・モルビデリ (2020 年 1 月) とマーベリック・ビニャーレス (2020 年 2 月) はそれぞれ 1 回ずつ優勝しています。 ビニャーレスも 3 回ポールポジションを獲得しています (2019 年、2020 年 1 月、2020 年 2 月)。
  • ミサノでのホンダのMotoGPでの最後の勝利は、2021年の最後のエディションにさかのぼります。これは、これまでのMotoGPカテゴリーでの日本のメーカーの最後の勝利です。 マルケスは 2015 年にも優勝しました。これは、2010 年以来のミサノ ワールド サーキットでのホンダの最初の勝利でした。
  • フランチェスコ バニャイアは、2021 年のミサノでの 2 つのレースの最初のレースでポールポジションから優勝しました。 彼はまた、第 2 版でポールを獲得しました (しかし、レースで墜落しました)。 ケーシー ストーナー (2007 年と 2008 年) とホルヘ ロレンソ (2018 年) も、ミサノで Ducati のポールポジションを獲得しました。 アンドレア・ドヴィツィオーゾは、2018 年に再び Ducati の成功を収めました。

  • スズキは、リミニ近くの 4.226 km のサーキットで 4 つのトップ 3 フィニッシュを祝いました。 2007 年には、MotoGP 史上初めて 2 台のスズキが表彰台に上がり、クリス バーミューレンとジョン ホプキンスがそれぞれ 2 位と 3 位でフィニッシュしました。 Joan Mir は 2020 年を 2 位で終えました。
  • アレイシ エスパルガロは、昨年アプリリアで最高の結果を残しました。 このスペイン人は、ミサノでの第 2 レースで 7 位に終わった。
  • KTM は、イタリアのサーキットで表彰台を獲得することさえできました。 ポル エスパルガロは 2020 年に 3 位でフィニッシュしました。

  • トラックがMotoGPカレンダーに入った2007年以来、ミサノで最も成功したライダーはマルク・マルケスです。 8回の世界チャンピオンは、125ccカテゴリーで1回、Moto2で2回、MotoGPカテゴリーで4回を含む7回で優勝しています。 ホルヘ・ロレンソは 4 勝(125cc 1 回、MotoGP 3 回)でこの統計で 2 位です。
  • ペッコ バニャイアが日曜日のレースに勝てば、ドゥカティ ライダーとして初めて 4 連勝を達成することになります。 彼は現在、2007 年と 2008 年に 3 レース連続で優勝したケーシー ストーナーと 3 勝で並んでいます。 ストーナーとバニャイアを除けば、バレンティーノ・ロッシ、ホルヘ・ロレンソ、マルク・マルケス、ダニ・ペドロサだけが3連勝を達成している。
  • オーストリアでのファビオ クアルタラロの表彰台は、MotoGP カテゴリーで 27 回目でした。 彼はほとんどの表彰台を獲得し、ヤマハランキングで7位です。 バレンティーノ・ロッシが142で首位。
  • ジャック・ミラーは、スピルバーグで今シーズン 5 回目のトップ 3 の結果を獲得しました。 MotoGP でのデビュー以来、彼は 1 シーズン (2019 年と 2021 年) に 5 回以上の表彰台を獲得したことはなく、全体で 20 位です。
  • バニャイアとミラーがオーストリアで 1 位と 3 位でフィニッシュしたことで、少なくとも 1 人のドゥカティ ライダーが表彰台を獲得したのは 19 回連続のレースでした。 ボローニャのメーカーのレコード。
  • Honda の最後の表彰台は、ドーハ 2022 開幕戦でのポル エスパルガロの 3 位入賞でしたが、Honda のライダーは 12 レースで表彰台を獲得していません。 これは、ホンダが世界選手権に復帰した 1982 年以来のことでした。

  • サンマリノ GP は、アンドレア ドヴィツィオーゾにとって最後の GP 出場となります。 彼はGPで346回のスタートを切った後に引退する(125クラスの日本2002年からMotoGPのポルトガル2020年までの326回連続のスタートを含む)。 彼はバレンティーノ・ロッシ(432回)に次ぐGP出走回数が2番目に多いドライバーであり、248回のレースで、ロッシ(372回)に次ぐプレミアクラスへの参加回数が2番目に多いドライバーです。

Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です