福島:日本国からの補償なし | 現在のアジア | DW

日本の最高裁判所は、2011 年の福島原発事故について、国は責任を負っていないとの判決を下しました。 そうすることで、彼らは、原子炉周辺の汚染された家を離れることを求める何千人もの市民からの要求を拒否しました。

これは、一連の同様の訴訟における最初の最終判決です。 津波によって引き起こされた原子炉事故から 10 年以上が経過し、対策は尽きています。

予測可能な災害?

裁判所は、州が災害を予測できたのか、それとも過失であったのかを判断しなければなりませんでした。 菅野博之氏が主宰する4人の裁判官は、発電所を襲った大津波による被害は避けられなかったとして、政府は責任を問われないとの判決を下した。 そして、産業大臣が規制権限を行使し、「時代」における津波リスクの評価に基づいて、発電所の運営者に海への防護壁を強化するよう命じたとしても、そうではありませんでした.

被害者側の真奈木弁護士「絶対に許せない」

最高裁判所の現在の判決は、全国で係争中の約 30 件の同様の訴訟に影響を与える可能性があります。 被害者側の弁護士である真奈木伊豆太郎弁護士は「この決定は絶対に受け入れられない。 裁判所は、原告が提起した問題に対処も回答もしませんでした。 この判決は、災害が予見可能であったかどうか、政府が適切な措置を講じていれば回避できた可能性があるかどうかを十分に述べていません。

被害者の失望と憤り

申立人には南原成樹も含まれていた。 彼は核廃墟の北にある南相馬の自宅を離れなければなりませんでした。 彼と他の原告は、評決に直面して言葉を失い、とても失望しています. 何百人もの福島の犠牲者とその支持者が裁判所の外で怒っていた。 多くの人が、進行中の事件で戦いを続けることを明らかにしました. 「この判決が進行中の手続きに影響を与えることを許してはなりません」とManagi弁護士は言いました.

日本 | 最高裁判所の外での抗議

最高裁前デモ「闘い続ける」

3月、原告は発電所運営会社の東京電力に対して別の訴訟で勝訴した。 当時最高裁は、東京電力が約 3,700 人の被害者に 14 億円(約 1,000 万ユーロに相当)の損害賠償を支払うことを確認した。 当時、日本政府の松野弘和報道官は、「どのような決定が下されようと、私たちは被災者を支援します。

地震とその後の津波は、2011 年に福島で GAU (考えられる最悪の事故) を引き起こしました。その結果、何十万人もの人々が家を離れなければなりませんでした。 これは、1986 年のウクライナのチェルノブイリ原子炉事故以来、最悪の原子力災害です。

AR/aa (rtr, ap)

Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。