沖縄県が緊急事態宣言

日本の大阪府知事、デニー・タマキは、 記者会見で 地域の医療に緊急事態宣言。

県内では新型コロナウイルスの感染者が記録的な数に達しており、感染者専用の病床数が不足しています。

沖縄、再び国民生活を制限

玉城首相は記者会見で、「新型コロナウイルス感染症の急増を抑え、沖縄県民の命と暮らしを守るための措置だ。 「最大の危機を共に乗り越えられるよう、皆様のご協力をお願いいたします。」

しかし、沖縄県知事が発表した措置は医療だけでなく、バ​​ーやレストランにも及んでいます。

軽症の沖縄県民や受診希望者には、救急外来に行かないよう呼び掛けた。

これとは別に、県民は不必要な遠足を控え、レストランでの食事は 4 人以下で、レストランへの訪問は 2 時間以内に制限するよう求められました。 県は酒類の販売を再度制限するかどうかも検討している。

玉木氏は、今後の感染者数の推移によっては、沖縄県民の活動をさらに厳しく制限する必要があるかもしれないと指摘した。

医療関係者が不在

新型コロナウイルスの感染拡大が沖縄の医療体制に重くのしかかっていることに加え、病院では人手不足が深刻化しています。

一方、一部の医療機関は、スタッフ不足のために軽症の患者を受け入れなくなったと述べた.

7月21日から8月31日まで救急診療を停止し、7月25日から8月31日まで外来診療を停止します。

県の医療制度は、第6波の感染者数の増加により、何度か崩壊の瀬戸際にありました。

Elite Boss

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。