歩きながら健康? これは日本から学べる

数字から判断すると、日本はとても健康な国です。 その理由は、一方では驚くほど平均寿命が長く、他方では日本における肥満、すなわち肥満の人々の割合が非常に低いことです。 高度に発達した工業国として、少なくとも後者は珍しい。 秘密の一つ? 日本人は我慢する 健康に歩く.

ウォーキングが健康に良い理由

ウォーキングの利点のリストは非常に長いです。 健康増進効果の例としては、例えば、

  • リラックスした筋肉と神経
  • 血圧を下げる
  • ストレスレベルを軽減
  • スタミナが増加します
  • あなたがよりよく眠ることができます
  • もちろん、余分なエネルギーの燃焼も刺激します。
良い安全な手段は? すると歩く人が増えます。 写真: istock.fr | staticnak1983/

実際、ヨーロッパ諸国、特にアメリカの人々と比較して、日本人は一日にたくさん歩きます。. 日本の雑誌 日本 書き込み日本人の一日平均歩数は6,500歩ですが、20歳から50歳になるとすでに男性で約8,000歩、女性で約7,000歩です。 あらゆる機会に道は徒歩です 取った. 平均して、彼らはこのように見えます。 比較のために: ドイツには約 5,200 人、米国には 4,700 人しかいません。

政府も行進を支持している。 日本の長野市は、都市景観に 100 以上の新しい小道を統合しました. 今日、この都市の住民は日本で最も平均寿命が長い。 公共交通機関は便利で安全で手頃な価格であり、車を所有している人はほとんどいません。

トレーニングとして歩く

驚くべきことに、フィットネス インフルエンサーはここと米国でより大きな役割を果たしており、その数は平均を上回っています。 体育館のメンバー または定期的に運動します。 いずれにせよ、日本は、フィットネス インフルエンサーの人気が非常に高く、平均よりも多くのジム会員がいるドイツやアメリカよりはるかに劣っています。

子供, 東京, スポーツ, ラグビー, 日本, 日本語
子供は定期的に運動を続けますが、成人になるとその数は減少します。

一方、日本では、コーチング文化ははるかに抑制されています. 昼休みにジムに行くことを考えている人はほとんどいません。 トレーニングがライフスタイルに合わない.

多分それは、「スポーツ」が実際に何であるかについての考えがあまりにも限られているためです. スポーツは何よりもまず発汗です。 ウェイトを持ち上げたり、プレスしたり、10 マイル以上走ったりします。 これにはすべて、身体的および精神的な利点もあります。 ただし、それらは、私たちが常に自分自身をまとめることができる場合にのみ機能します。 それはあなたに圧力をかけ、ストレスにつながります –そして、私たちが知っているように、それはとにかくあなたを病気にします.

メンタルヘルスのために歩く

田舎を少し散歩すると、精神に驚くべきことが起こります。 2010年の研究では 発見した屋外で身体活動を 5 分間行うだけで、気分と自尊心が大幅に向上します。 エセックスの研究者は、自然が若者に特に強い影響を与えることを発見しました。

健康であること、活動的であること

私たちは必ずしも健康であるためにこれらすべてを行う必要はありません. 健康的な食事がサラダを食べることだけを意味するわけではないのと同じように、アスレチックであることは常にジョギングを意味するわけではありません. 週に 1 回か 2 回のトレーニングを強制する代わりに、 自転車か徒歩で通勤 歩く。

もちろん、正しい食事もこれに含まれます。 ここでは、日本料理について知る必要があるすべてを見つけることができます。

散歩は退屈ですか? それなら、これらのベルリンのウォーキング ルートをまだ試していないか、間違った気晴らしをしていないだけです。 ここでは、散歩に最適なポッドキャストを紹介します。

Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。