歌舞伎役者中村獅童がNTTのアナザーミー技術を使って作成したデジタルツインが超歌舞伎2022, powered by NTTでデビュー

東京-



NTT株式会社(会長:島田章、以下「NTT」)、松竹株式会社 (代表取締役社長:坂本順一)松竹主催「超歌舞伎2022 Powered by NTT」を発表。 第1幕では、中村獅童のデジタルツイン「獅童ツイン」が登場。 志度ツインのデビューは、NTTが人間をデジタルツインとして再現するコンピュータの研究開発を示し、この新技術の社会実装の第一歩です。 デジタルツインとして再現された中村獅童の誕生を、ぜひ見に来てください。

Shido Twinは、松竹株式会社と共同で開発されました。 超歌舞伎で主役を務める中村獅童の仕草を、アナザーミーの体動生成技術を用いて自律的に展開・再現。

もう一つの私は、デジタル ツイン コンピューティングの概念からのテクノロジです。1 NTTから登場。 Another Me では、個人がデジタル空間で「別の私」を作成できるようにしたいと考えています。 現実世界の制約を克服し、社会で活躍し、自らの経験の成果を他者と共有することで、繁栄し、大きく成長する機会を増やします。

「超歌舞伎」は松竹が制作。 2016年より株式会社ドワンゴニコニコ超会議の一環として毎年共同制作・運営されている。 超歌舞伎は、400年の歴史を持つ日本の伝統芸能である歌舞伎と、NTTの最先端ICT技術が融合した全く新しい歌舞伎体験です。 今年の公演は「キラリ!」をはじめ、最新のICT技術を披露。 「テレホンショップ」より!2 NTT、そしてその経験が演劇の可能性を広げたと評価されています。

「スーパー歌舞伎 2022 Powered by NTT」公演スケジュール。 https://chokabuki.jp/2022theater/

「NTTは、私の話し方や癖を学習し、私のような振る舞いや身振りをする『獅童ツイン』を開発し、明日から超歌舞伎に登場します。この技術により、超歌舞伎の演出の可能性がさらに広がると信じています。お客様に再び超歌舞伎を楽しんでいただけるよう頑張ります。」 ―中村獅童

これがアナザーミーテクノロジーの仕組みです

アナザーミーは、音声や映像のデータから人の性格を学習し、発話に応じて人間の動きを自動生成する体動生成技術です。 人のかろうじて知覚できる習慣さえも捉える幅広い動きを再現するために、NTT の研究者は、発話からアクションを生成するモデルを作成する Generative Adversarial Networks (GAN) と呼ばれるディープ ラーニング技術を統合しました。 人の個性と自然さを捉えることで、世界最高の成果を達成しました。

また、NTT は最先端のテキスト読み上げ技術を開発しました。これにより、B. 個々の声のトーンや個々のイントネーションなど、1 つの声に固有の表現力を、わずかな言語サンプルから学習することができます。 中村獅童のイントネーションと感情的な言葉を、彼の声を簡単に録音するだけで再現することができました。 また、彼のダイナミックな動きやしぐさの再現にも挑戦します。

今後のアナザーミー技術と新型士道ツインの研究開発にご期待ください。 Shido Twin の完全なレポートは、こちらで読むことができます。

1 「デジタルツインコンピューティングとは?」(https://www.rd.ntt/iown/0003.html) (日本)

2 テレホンショップ:超歌舞伎の観客が作ったNTTの「芸名」

元のテキストが公開されている原文言語は、正式で承認されたバージョンです。 理解を深めるために翻訳が含まれます。 最初に発行された言語バージョンのみが法的に有効です。 したがって、翻訳を出版物の元の言語バージョンと比較してください。

出典:ビジネスワイヤ

Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。