東京は1875年以来最悪の熱波に見舞われた

日本では気温が上昇しており、首都東京では150年近く続いた6月の猛暑記録が破られました。 熱波は電力供給の問題を増大させ、市政府は疲れを知らず、節電を求めています。

猛暑により、日本政府の支持率は参議院選挙の 2 週間前に急落しました。 選挙期間中、特に物価の上昇は重要な問題です。

東京もここ数日、気温が高くなるようです

日本の首都東京の気温は、3 日連続で摂氏 35 度を超えた後、火曜日の現地時間午後 1 時に摂氏 35.1 度に達しました。

そして猛暑が止まらない:気象庁 東京の価値観が高いと言う 木曜日は36℃、金曜日は35℃。

火曜日に日本の一部に熱中症警報が発令され、熱中症で病院での治療が必要な人の数が増え続けています。

フジニュースネットワークによると、火曜日の現地時間午前9時現在、熱射病の疑いのある13人が日本の首都で入院している. メディアの報道によると、少なくとも2人が熱射病で死亡したと考えられています。

電気料金の高騰は危険

熱波にもかかわらず、ほとんどの日本人は、熱中症のリスクを減らすために政府が数週間前に発行した新しいマスク着用ガイドラインを無視しています.

もう 1 つの問題は、個人や企業に節電を求める当局の要求です。 その結果、エアコンの温度を下げたり、完全に消したりする人が増えています。 特に高齢者は、電気料金の上昇に直面しているにもかかわらず、そうする傾向があります。

フジ・ニュース・ネットワークによると、日本の首都である小池百合子知事が火曜日に就任した。 東京電力の株主総会に出席する 後に、彼女は熱波に照らして値下げを求めたと語った. 東京電力は首都圏に電力を供給しています。

一方、日本の首相に対して、電力供給業者に値下げを求めるよう求める声も上がっている。 しかし、岸田氏は選挙戦中の総理としては異例の海外出張中。

Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です