東京はすべてのコロナ感染を報告し続けたい

日本の厚生労働省は現在、医療施設を緩和するために、すべてのコロナ感染を報告する要件を削除することを検討しています。

小池百合子東京都知事は、 今発表した日本の首都のすべての医療施設は、すべての感染を毎日報告し続ける必要があります。

コロナ感染の強制宣言は保健当局に役立つ

小池氏は、パンデミック状況に関する定期セッションで、医師にすべての新しいコロナ感染を報告することを義務付ける既存の規制は、全体的な感染状況と東京都の患者の状態を理解するのに役立つと述べました. さらに、知事は、医療部門が情報を有効に活用できると述べました。

現在、日本のすべての医師は、コロナウイルスに感染している人の名前、住所、電話番号を保健所や地方自治体に提供する必要があります。

しかし、日本の厚生労働省は、医師の負担を軽減するために、日報を完全に廃止することを望むと数日前に発表しました。 または、レポートは少なくとも制限する必要があります。 しかし、これは、自宅で回復し、突然健康状態が悪化した人々が保健省から助けを得る可能性がないことを意味します.

茨城の承認

東京都知事とは異なり、茨城県大井川和彦知事は、コロナウイルス報告要件の変更を歓迎し、最前線で戦っている医療サービスの負担が大幅に軽減されると述べた.

しかし、彼はまた、新しい方針は、突然悪化した軽度の症状の患者をどのように治療するかについて疑問を投げかける可能性があると述べた.

Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。