時間通りの貨物:日本GPの準備ができました / MotoGP

日本のMotoGP関係者は安堵のため息をつきます.IRTAチーム協会が確認したように、すべての資料は数時間以内にツインリンクもてぎに到着します.

アラゴン グランプリからわずか 1 週間後、茂木は初の海外 GP に出場する予定です。 2019年以来の最初の日本GPのスケジュールは、予防措置として6月にすでに調整されており、ツインリンクでの行動は金曜日の現地時間午後1時15分まで開始されませんでした.

4 月のラス テルマスでの金曜日の訓練は、航空機の技術的な問題とウクライナでの戦争によって状況がさらに困難になった後、インドネシアからの貨物がアルゼンチンに遅れて到着したため、完全にキャンセルしなければなりませんでした。

日本でMotoGPイベントを開催することを一時的に脅かした台風ナンマドルは、物流上の課題に追加されました. 最初の青信号はアラゴンで日曜日の午後 3 時少し前に発せられました: GP 装備 (合計約 370,000 kg) を搭載した 4 機の貨物機が、サラゴサ (アルカニスから 95 km) から定刻に離陸することになっていました。

IRTA は現在、チームとビルダーに通知しています: もてぎのツイニング リングでは、貨物も計画どおりに予定されています。 パドックにまだ入っていない貨物箱は、今週水曜日の午後と夜 (現地時間) に到着します。

当初の合意通り、パドックは木曜日の午前8時にオープンする。 サーキットのスタッフが事前にボックスのロックを解除するので、チーム メンバーはすぐに仕事に取り掛かることができます。 チームは、木曜日の朝の公式の「パドックのオープニング」まで、箱の開梱を開始することはできません。

「Motul Grand Prix of Japan」2022(CEST)のプログラム:

9月23日金曜日
06:15 – 06:55: Moto3、FP1
午前7時10分~午前7時50分:Moto2、FP1
08.05 – 09.20: MotoGP、FP1

9月24日土曜日
02h00 – 02h40: Moto3、FP2
02h55 – 03h35: Moto2、EL2
03h50 – 04h35: MotoGP、FP2

05:35 – 05:50: Moto3、予選1
06:00 – 06:15: Moto3、予選 2
午前6時30分~午前6時45分:Moto2、予選1位
06h55 – 07h10: Moto2、予選 2
07:25 – 07:55: MotoGP、FP3
08.05 – 08.20: MotoGP、予選 1
午前8時30分~午前8時45分:MotoGP、予選2

9月25日日曜日
03h00 – 03h10: Moto3、ウォームアップ
03h20 – 03h30: Moto2、ウォームアップ
03h40 – 04h00: MotoGP、ウォームアップ

開始時間
05:00 Moto3、レース (20 周)
午前6時20分:Moto2、レース(22周)
午前8時:MotoGP、レース(24周)

Nishikawa Katashi

「Web オタク。情熱的なトラブルメーカー。オーガナイザー。アマチュア コーヒー マニア。ゾンビ マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。