日銀は金利政策を維持

日本銀行 (BOJ) は、日本の通貨が急激に下落しているにもかかわらず、経済を支えるために金利政策を維持しています。

日銀の黒田東子総裁も近い将来の利上げを否定した。 木曜の日銀の新たな決定を受けて、円は米ドルに対して145ポイントを割った。

日銀、金利をマイナス0.1%に据え置く

2 日間の会議で、日銀は短期金利をマイナス 0.1% に維持することを決定しました。 離れる 10年物日本国債の利回りを約0%まで引き下げ続けています。 日銀はまた、必要に応じてためらうことなく、追加の緩和策を講じることに引き続きコミットしている。

黒田総裁は会談後の記者会見で、「追加の金融緩和に対する我々のスタンスに変更はない。現時点では利上げは見込んでいない」と述べた。

「この決定の論理的根拠は、8月に2.8%上昇したコア消費者物価指数が減速し、4月の目標である2%を下回ることはほぼ確実だということだ」と黒田氏は述べた。

会議後に発表された日銀の声明は、日銀は短期金利と長期金利の両方が現在の水準以下にとどまると予想していると述べた。

金融政策の方向性に変化は見られない

黒田総裁は、日銀が近い将来に金融政策のガイダンスを変更するという市場の憶測を一蹴し、当面はそうではないだろうと述べた。

黒田氏は記者会見で、「暫定的に言うとき、私は2、3か月を意味するのではなく、2、3年について話している.

日銀は、その立場を正当化するという困難な課題に直面しています。 日本の中央銀行は、超低金利政策により、パンデミックの影響からの依然として遅い経済回復を支え、堅調な賃金上昇でインフレを支えたいと考えています。

しかし、この政策には円安が進むリスクもあり、輸入コストが押し上げられる。 国の総合インフレ率は 5 か月連続で 2% の目標を上回っており、予算を圧迫していますが、中央銀行はこれが一時的なものに過ぎないと考えています。

Amari Masaki

「インターネットの忍者。不治のテレビ学者。情熱的なコーヒー愛好家。ソーシャル メディア マニア。一般的な思想家。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。