日経、TOPIX & Co – 日本の株式市場はわずかに上昇

東京証券取引所

日本の投資家は再びリスクを取ることをいとわないようになっています。


(写真:DPA)

東京 日本の投資家は、堅調な企業収益を期待して株式に目を向けています。 東京の日経平均株価は、1月に2020年3月以来最大の月間下落を記録した後、火曜日に0.3%上昇して27,078ポイントになりました。

以前のウォール街と同様に、最近の下落の後、テクノロジー株が特に需要が高かった。 りそなアセットマネジメントのチーフストラテジストである黒瀬浩一氏は、「過去2週間の急落を受けて、投資家は市場の見通しが予想ほど悪くないことを認識し、選択的にではあるが株式を買い戻し始めた.

個々の株式に関しては、TDK の株価は、エレクトロニクス メーカーが今年 2 回目の利益予想を引き上げた後、約 11% 急騰しました。 ソニー株は小幅上昇。 エレクトロニクスとエンターテイメントのグループは、コンピューター ゲーム開発者の Bungie を 36 億ドルで買収します。

今すぐ読み続ける

この記事と他のすべての記事にアクセスする

ウェブとアプリで 4 週間無料。

継続する

今すぐ読み続ける

この記事と他のすべての記事にアクセスする

ウェブとアプリで 4 週間無料。

継続する

Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です