日米は半導体生産で協力したい

日本政府によると、5月23日に予定されている日米首脳会談で、半導体の研究と生産における協力で合意する。

日本の岸田文夫首相と米国のジョー・バイデン大統領との予想される合意 することを目的と、緊急時に半導体の国内供給の可用性を保証します。 さらに、両国間の経済および安全保障政策における協力を強化する必要があります。

米国と日本は半導体への依存を解決したい

中国が東アジアで軍事力と影響力を拡大するにつれて、韓国と台湾の半導体製造への依存が懸念されています。

政府筋によると、共同声明も検討されており、次のような新しい防衛分野での協力の強化に関連する調整が計画されています。 宇宙とサイバー空間で.

パンデミックは、半導体の世界的な不足を引き起こしました。 戦争、災害、その他の不測の事態が発生した場合に、この重要な技術をどのように確実に提供できるかという問題は重要な問題になっています。

半導体は、さまざまな電気製品やデバイスに使用されています。 日本は 1980 年代後半に世界の半導体市場の半分を占めていましたが、近年は約 10% にまで落ち込みました。

中国の「一帯一路」計画への対応

両国政府はまた、先端半導体に関する共同研究のための作業部会を作ることも計画している。

中国の意向に応えた東京都支持の案 多国籍経済イニシアチブ「一帯一路」 (新シルクロード・イニシアチブ)は、半導体を含む製品の公正な取引を促進し、サプライチェーンを改善することを目的としています。

金曜日に日本と米国のテクノロジー業界関係者との会合で、岸田氏は政府の以前の半導体政策を「失敗」と呼んだ。 首脳会談は、両国間の協力を加速する機会であるべきだと付け加えた。

Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。