日本GPの前に:バスティアニーニ&カンパニーが東京を着物で / MotoGP

前回のもてぎGPから3年、MotoGP世界選手権が日本に帰ってきた。 ツインリンクに向かう前に、アラゴンの勝者であるエネア・バスティアニーニと何人かの日本の GP エースが首都を一周しました。

ランチに寿司、その後、銀座地区から東京の歌舞伎座へのガイド付きツアー – 着物を着てスタイリッシュに: これが、MotoGP シーズンで 4 度の優勝経験を持つエネア・バスティアニーニが、水曜日に行われる次の日本 GP の雰囲気に溶け込んだ方法です。

「私は日本の男の子の大ファンで、東京は私のお気に入りの場所の 1 つです。 男の子たちと一緒にこのイベントを楽しんでいます」とグレシーニ ドゥカティのスターは初めて着物を着る前に明らかにしました.

また、バスティアニーニの良き友人である鈴木樹も参加しました。彼は長い間リッチョーネにいるように感じていましたが、2019 年以来、自宅での最初の本当の GP に直面しています。 ここに来て、日本のファンの前で走るのはいつでも素晴らしいことです – 特に日本人ライダーとしての私にとっては。」

Moto2のタイトル候補である小倉愛選手も同様の見解を持っています。 日本のファンに良いレースをお見せできることを願っています」とHonda Team Asiaのライダー、カレックスは付け加えました。

ワイルドカードのおかげで今週末に HRC カラーで MotoGP デビューを果たす長島哲太と、地元の Moto3 ライダーである佐々木歩、鳥羽海人、山中竜生、古里太陽が、プレイベントで大勢の観光客を締めくくりました。

Nishikawa Katashi

「Web オタク。情熱的なトラブルメーカー。オーガナイザー。アマチュア コーヒー マニア。ゾンビ マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。