日本:従業員を過労から守るために設計された縦型寝台

健康
日本人を過労から守る縦型寝台

日本人は朝早く仕事に行く

©チャーリー・トリバロー/DPA

日本人は働きすぎです。だからと言ってやめてはいけません。 新しい発明のおかげで、少なくともオフィスで目立たない昼寝が可能になるはずです。

ドイツ人が綿密で勤勉であるという評判があることはよく知られていますが、日本人と比較すると、私たちのほとんどは、私たちの労働倫理が限られていることに気付くでしょう. 年間 30 日間の休暇は日本人にとって想像を絶するものであるだけでなく、私たちは通常、すべてを捨てて、一日の終わりに間に合うように家に帰るからです。 そして、誰もそれを驚くべきことだとは思いません。

しかし、日本では、働く意欲は非常に重要な美徳であるため、誰も夜に最初に帰宅したくありません. 残業をたくさんするのはおしゃれだと考えられています。 そして、日本では評判と名誉が非常に重要です。 しかし、これには致命的な結果が伴います。過労死を意味する「過労死」という言葉があるのは日本だけです。 上司や雇用主でさえ、十分な休息が健康に及ぼす影響を知っているため、従業員の仕事への熱意を支持していません。 しかし、これまでのところ、この状況を改善できる規制はありません。

日本:従業員はしばしば過重労働

しかし、仕事で長い一日を乗り切るために、多くの日本人は合間に短い昼寝をすることがよくあります. また、「通常の」勤務時間中にも良い考えです。リフレッシュして新しいエネルギーを生み出すことができます。 しかし、多くの従業員は、頭を机に置いて居眠りしているのを見て恥ずかしい思いをしています。 これが、多くの人が帰りの電車まで睡眠を遅らせたり、トイレ休憩中に一時的に居眠りをしたりする理由です. どちらも理想的ではなく、もちろん本当のリラクゼーションを生み出すことはありません。 これは修正されるはずです。

の "昼寝ボックス"

「お昼寝ボックス」

©イトーキデザイン

イトーキデザインとコヨジュごはんは、従業員が完全に自由に昼寝できるスタンディングスリーピングキャビンを開発しました。 キャビンは丸みを帯びたエッジを持つモダンなデザインの食器棚のように見えます。内部には膝、頭、腰のサポートがあり、直立した姿勢でもリラックスした人間工学に基づいた姿勢が可能です。 多くの雇用主は、従業員に少なくともいくらかの休息を与えることを望んで、発明に興味を持っています。 ただし、キャビンが店舗でいつ、どのくらいの価格で入手できるようになるかはまだわかっていません。

ソース: 「ブルームバーグ」

重さ

Elite Boss

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。