日本視覚障害者サッカー協会が独自のリーグを創設

昨年の東京パラリンピックでブラインドサッカーが大流行した後、新しいブラインドサッカーリーグ、LIGA.iが日本で設立されました。

創設は月曜日に日本ブラインドサッカー協会によって発表されました。 目標は、日本でこのスポーツの人気をさらに高めることです。

すでに 30 のアクティブなブラインド サッカー クラブ

全国にはレベルの異なる30以上のクラブがあり、新たに創設されたリーグでは上位4チームが競い合います。 ホーム&アウェイで対戦し、初のリーグ優勝をかけて戦う。

静岡県の浜松アリーナでは、大画面で選手が披露されました。

日本は2021年初頭に引退

「歴史的なリーグが誕生してうれしい」 日本の主力選手である川村亮氏は、品川でプレーする選手。

日本はメダルを目指していたが、東京でのパラリンピックの開始時に失敗し、プール5で5位に終わった. これは次のゲームで変わるはずです。

新リーグの4チーム

JBFAの松崎栄吾事務局長は「ブラインドサッカーが社会にもたらす変化を見てもらいたい。

パペレシアル品川、ブエンカンビオ横浜、フリーバード目白台、埼玉T.ウイングスの4チームリーグ。

Elite Boss

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。