日本政府は、国内の福祉受給者の窮状の増大を無視している

日本でも物価が上昇しており、政府がインフレに立ち向かおうとする中、さらに支出を削減するよう圧力が高まっている福祉受給者のことを政府は忘れています。

また、日本国内の電気料金や日用消費財価格も様々な要因で高騰しており、食品を中心にさらなる値上げが予想されます。

価格の上昇は値上げの理由にはなりません

4月、日本政府は物価上昇に対処するための緊急措置を開始しました。 ただし、これには生活保護受給者を支援するための措置は含まれていませんでした。

社会問題省のスポークスマンは、次のように述べています。 物価上昇だけを理由に、社会扶助の増額を決定することはできません。

政府の緊急対応ガイドラインでは、地方自治体はコロナウイルスの助成金を使用して貧困層に必要な支援を実施できると述べていますが、地方自治体はこれまでのところ、独自の支援サービスを拡大するための行動をほとんど取っていません。

社会扶助の希望は薄れつつある

日本の生活保護を受けている人々にとって、それは追加の支援の希望が失われる運命にあることを意味します。 特に病気で仕事が見つからない人は、孤独を感じています。

東京を拠点とする非営利団体もやい自立支援センターが7月20日に発表した 厚生労働省に書簡を送ったその中で彼は、標準的な社会給付の増加、追加の形の支援、およびその他の措置を求めています。

同センターは、生活保護受給者の負担増が深刻化しており、エアコンを使わずに電気代を節約して熱中症にかかる人が多いことも懸念されると指摘。

Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。