日本政府が企業に賃上げを要請

金曜日、日本政府は企業に対し、現在の物価上昇に合わせて賃金を上げるよう要請した。

年次報告書では、 経済と財政 そのような経済は、国がスタグフレーションに陥るのを防ぐと主張しています。

政府のレポートでは、新しいシステムに移行する必要性が強調されています

新しい資本主義を約束した岸田文夫首相の下で書かれた最初の報告書である。 新しい資本主義は、人々への投資によって促進される成長と再分配の好循環によって特徴付けられるでしょう。 しかし、これまでのところ、計画は「アベノミクス」のように見えます。

報告書は、約 2% の持続的かつ安定した物価上昇とそれに対応する賃金上昇率を特徴とする新しいシステムに移行する必要性を強調しています。

「経済は回復を続けており、インフレ率はそれほど高くないため、日本はスタグフレーションと呼ばれるものにはなっていない。スタグフレーションとは、低成長と高インフレが高失業率に結びついている状態である」と文書は述べている。

日本の物価上昇は、主に原油価格に支えられた輸入物価の上昇によるものです。

名目賃金は、物価が上昇するにつれて増加しなければならない

政府報道官は記者会見で、「日本は長引くデフレからまだ完全には抜け出せていない」と語った。

「国をデフレから脱却させるためには、インフレと労働生産性の伸びに合わせて名目賃金を上昇させることが重要だ」と報告書は述べた。 さらに、「しかし、1997 年以降、物価の上昇率を考えると、名目賃金の上昇率は十分ではありませんでした。」

これは、企業が継続的なデフレの中で事業拡大に消極的であり、賃金を投資ではなくコストと見なしていることを示しています。

報告書はまた、環境政策が経済成長に貢献できる日本のカーボンニュートラルへの取り組みを後押しする上での問題点を強調している。 一例として、1970 年代の日本の自動車産業の競争力を高めた排出ガス規制の強化が挙げられます。

彼はまた、日本は温室効果ガスを排出せず、ロシアのウクライナ侵攻を受けて世界の化石燃料とガスの価格が急騰しているため、原子力発電の利用を増やすことを検討すべきだと述べた。

Elite Boss

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。