日本政府、サル痘について協議

日本政府は日曜日に、WHOがウイルスを「国際的に懸念される緊急事態」と分類した後、サル痘について協議する予定であると発表した.

「政府は、サル痘への適切な対応を可能にするシステムを整備するための会議を計画している」と、国のコロナウイルス対応を担当する山際氏は語った。 テレビ番組で.

WHOがサル痘を「国際的に懸念される緊急事態」と宣言

WHOは、サル痘の世界的流行を「国際的に懸念される緊急事態」と宣言しました 説明 したがって、土曜日に最高の警戒レベルが宣言されました。

WHO事務局長によると、今年はすでに75カ国で1600万人以上の感染が確認されています。

この声明は影響を与えるものではありませんが、すべての加盟国に流行を封じ込めるための準備を促すことを目的としています。

住民、医師、病院は認識されなければならない

これには、感染が疑われる場合に迅速に保護措置を講じることができるように、医師や病院の意識を高めることも含まれます。また、感染から身を守る方法について住民に通知する必要があります。

日本政府のCOVID-19タスクフォースの責任者である尾身茂氏は、同じテレビ番組で、適切な対策が講じられればアウトブレイクを回避できると信じている.

日本はすでに3月に、国内での流行を防ぐために監視を強化したいと発表していた.

Elite Boss

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。