日本企業が神社で寄付泥棒を捕まえる AI システムを開発中

神社は、小さな通りの神社から大きな大きな神社まで、日本全国に見られます。 それらはすべて、寄付としてコインが投げられる募金箱を持っています。 彼らは依然としてカジュアルな泥棒の標的です。 AIシステムが役立つはずです。

日本の神社が時代とともに進化し、新しい技術を取り入れていることは珍しくありません。 現代の方法とメディアは、すでに神社を宣伝し、人々を引き付けるのに役立っています. 人工知能を宗教施設に使用するという新しいアイデアが名古屋から生まれました。 ただし、あまり楽しい背景ではありません。

神社への終日アクセスは、泥棒の標的になります

ほとんどの神社はジレンマに悩まされているためです。神社の敷地は一般的に終日アクセス可能であり、スタッフがいない場合はロックダウンできません。 これにより、通常神社の建物の前にある神社の寄付箱にもアクセスできます。 これにより、信者はいつでも祈ることができますが、同時に寄付を求める泥棒を引き付けます。

ほとんどの神社の主な収入は、縁起物の販売と儀式の費用ですが、特に大きな神社では、寄付が財政の重要な部分を占めています。 2年前、名古屋の神社運営者がIT企業の株式会社トリニティに連絡した。別の神社の境内で使用済みの注射器や避妊具が発見されたという通報もあった。 この 2 人が、Trinity Inc. に IT ソリューションで神社を支援する動機を与えました。

人工知能はカメラ映像を評価し、疑わしい行動を検出する必要があります

同社は、今年の夏に最初の聖域でシステムを使用することを目指しています。 人工知能は、監視カメラの画像を評価して不審な行動を認識します。 これは、たとえば、人が募金箱を表向きにのぞき込んだり、箱の後ろを歩いたりした場合などに当てはまります。

システムが異常であると判断すると、記録の静止画像が、日本で人気のあるメッセージ アプリである Line を介して神社の登録ユーザーに送信されます。 多くの神社は複数のコミュニティが共同で運営しているため、同社によると、何人でも登録できます。

兼松拓也氏は、この新しいシステムにより、神社に高レベルのセキュリティを低コストで提供したいと考えています。 画像:経堂

株式会社トリニティの兼松卓也社長(44)は開発について「他社のカメラにも対応した手頃な価格のAIシステムを開発することを目標に、いくつかのテストフェーズを完了しました」と説明しています。

複数の神社が新しいAIシステムに関心を示している

AI システムを適用したいと考えている最初の神社の 1 つは、名古屋市港区にある七島神明社です。 神社はすでに募金活動家によって 3 回強盗されています。 「箱に人がいないため、盗難に気付くまでに時間がかかります。 システムからリアルタイムで情報が送られてくることを願っています」と、神社のコミュニティ代表である坂野正男さん(77 歳)は語った。

Trinity Inc. によると、AI システムが稼働する前に、他の保護者から問い合わせがあったという。 その間、彼女はすでに次のプロジェクトに取り組んでいます。 過去数か月にわたって、従来の火災探知機では検出できなかった屋外エリアでの火災を検出して報告できるシステムの開発が進展しました。

「多くのコミュニティが火災を心配しています。私たちは神社を安全な環境にしたいと考えています」と兼松氏は語った。 神社での行事を指し、 直火を使用する場所火祭りや記念撮影など。

Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。