日本人は更なる値上げに期待すべき

日本の内閣府は月曜日、生鮮食品を含め、国民はさらなる値上げを期待すべきだと述べた。

同局は、2023 年 3 月に終了する今会計年度で合計 2.6% の価格上昇が見込まれると予測しています。その理由は、特にロシアのウクライナ侵攻とその影響にあり、円安も価格を押し上げています。

日本の物価は上がり続ける

さらに、内閣府は日本の実質国内総生産の成長率を 2.0% に引き下げました。 1 月の推定値は依然として 3.2% でした。

2023 年について、内閣府は消費者物価が 1.7% 上昇すると予測しています。 局は、原油やその他のエネルギー価格が高止まりすると予想しています。

日本銀行は、生鮮食品を除く物価が今会計年度に 2.3% 上昇すると予測しています。

物価上昇は景気回復のリスク

岸田文夫総理は、 経済金融政策審議会で:「価格の上昇は、経済がコロナウイルスのパンデミックから回復するリスクです。」

生活必需品の価格上昇による消費の落ち込みを防ぐため、政府は必要な措置を講じることを約束した。 これらには、電力消費を削減した世帯へのボーナス ポイントの付与や、高い肥料コストに苦しんでいる農家への支援が含まれます。

日本政府は、対策に総額約2600億円(約18億ユーロ)を費やす予定です。 お金は政府準備金から来るでしょう。

Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。