日本人が戦災磁器を復元

東京第二次世界大戦の終わりにロシアの兵士によって破壊されたオーストリアの城から何世紀も前の磁器のコレクションが日本で復活しました.

日本に持ち帰られた約700個のガラスの破片から専門家が31個のオブジェクトを復元することができました。 それらは現在、8月にオーストリアに戻る前に日本で展示されています。

「ロースドルフ城の何千もの破片を見たとき、私はすぐに、この宝物について世界が知るべきだと思いました」と、日本の著名な茶道家で東京の dpa の星名真知子氏は語った。 彼のイニシアチブのおかげで、現場の日本人専門家チームは、「古伊万里」と呼ばれる伝統的な伊万里磁器の貴重な芸術作品をいくつか特定することができました。

平和のメッセージ

ウクライナに対するロシアの侵略戦争によって引き起こされた新たな破壊を背景に、星名によって開始された修復プロジェクトには平和の特別なメッセージがあると、ロースドルフ城の所有者であるガブリエル・ピアッティは日本訪問中にDPAに説明した. 伊万里磁器の本場である九州の佐賀県立陶磁器美術館に展示されている彼の家族の磁器コレクションは、「ロースドルフ城の悲劇」というタイトルで、戦争が破壊だけをもたらすことを示しています。 「しかし、その背後にある物語を破壊することはできません」とピアッティは東京のDPAに語った.

同時に、ピアッティによれば、日本人によって復元された芸術作品は「不完全な美しさ」を示していた. まさに日本の美意識である「侘び寂び」にあたると、茶道家の保科氏は説明する。 美しさは、欠陥のあるもの、不完全なものの中に正確に存在します。 このように、この展覧会では、意図的に内部の亀裂が見えるようにされた花瓶などの再組み立てされたオブジェクトだけでなく、破片の山も表示されます。 何十年もの間、ピアッティ家は、ロシア人が破壊し、家族が何世代にもわたって収集してきた日本、中国、ヨーロッパの磁器を、城博物館の「破片の部屋」の暴力と戦争に対する記念碑として保存しました。

興味をそそった

星名が立ち上げたプロジェクトは、ロースドルフ城の壊れた部屋でオーストリアの専門家の関心も呼び起こしました。 星名さんは、日本の専門家や職人がヨーロッパで新たな協力の機会を得られることを望んでいます。 同時に、彼女は海外だけでなく母国である日本の伝統的な職人技への関心を再燃させる手助けをしたいと考えています.

Elite Boss

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。