日本サッカーでは、再び応援が許可される

サッカーもコロナ禍に屈服しなければならなかった。 ゴーストゲームのみが許可されたため、しばらくの間、遊ぶ場所がまったくありませんでした。

これで、ファンはようやく気分を取り戻すことができます。 6月11日、Jリーグの試合で、ついにその時が来た。

2年ぶりに再びサッカーに励む

ファンがほとんど妨げられずにチームを応援できたのは、2 年以上ぶりのことでした。

鹿島スタジアムで行われた鹿島アントラーズとアビスパ福岡の試合は、主要なプロスポーツの観客がパンデミック前の時代と同じように振る舞うことを試験的に許可された最初の試合でした。

ルールは引き続き尊重されなければならない

ただし、これは制限なしではまだ不可能であり、予防措置を順守する必要があります。

応援するときは、サポーターは上を向き、医療用または布製のマスクを着用する必要があります。 試合中の飲食は禁止です。

観客はリラックスして喜んでいます

両チームのゴール裏には、合計1,700人を収容する大歓声ゾーンが設置されました。 ただし、ゾーン内の 1 列おきに 1 列おきに空席を確保する必要がありました。

それでも、視聴者は、慣れ親しんだことがいくつかできることに満足していました。

「この2年間、私たちの声援が選手たちに聞こえないという事実に不快感を覚えていたので、これは私のストレスを和らげる良い方法です」と彼は語った。 54歳の鹿島アントラーズファン.

サッカーの通常の状態に少し戻る

Jリーグは、「ハイ・チアーズ」を他の試合にも順次展開していく予定だ。

7 月には約 6 試合が行われる予定で、最大 7,000 席が割り当てられます。

結果を分析した後、Jリーグはチームが望むならルールを採用することを許可します。

Elite Boss

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。