日本もコロナ規則を緩和:香港は入国検疫要件を終了

日本もコロナ規制緩和
香港、強制入国検疫を終了

パンデミックが始まって以来、香港のコロナ対策は世界で最も厳しいものの1つです。 特に厳格な入国規制は、経済的な観点から金融都市に大きな影響を与えます。 これは来週から変わるはずです。

2年半後、香港は海外からのすべての到着者に対する必須のホテル検疫を廃止しています。 香港のジョン・リー首相は、月曜日からPCR検査と3日間のバーへの訪問禁止で十分だと述べた。 香港のこれまでのコロナ規制は世界で最も厳格なものの 1 つであり、金融​​都市の経済に打撃を与えていました。 「ホテルの検疫システムは解除されます」とリー氏は記者会見で語った。 現在、海外から入国する場合、3 日間のホテル検疫が義務付けられています。 昨年、ホテルの検疫期間は21日間でした。

月曜日から、香港に入国する人々はPCR検査を受けるだけで、香港での最初の3日間はレストランやバーに行く必要はありません. 新しいルールは、式「0+3」によって要約されます。 入国時にコロナ検査が陽性の場合、影響を受けた人はホテルの部屋または州の検疫センターで引き続き自己隔離する必要があります。

検疫規制により、香港は中国本土の例に従いました。中国本土は、ロックダウンや最小のコロナ発生に対する大規模な検査などの厳格な措置を講じています。 中国は、この厳密なゼロCovid戦略を今も守っている唯一の主要経済国です。 しかし、ホテルの検疫は香港を国際的に孤立させ、経済に打撃を与えました。

シンガポールが香港を追い抜く

木曜日に発表された指数によると、香港は金融ハブとしての魅力を失っている。 グローバル金融センター指数(GFCI)によると、香港は現在、アジアで最も魅力的な金融センターとして、コロナ制限をすでに大幅に廃止しているシンガポールに取って代わられています。

香港に入国する旅行者に対する検疫規則は、とりわけ、高度に熟練した外国人労働者の移住に貢献しています。 公式統計によると、中国の特別行政区では 2021 年半ば以降、約 113,000 人の住民が失われました。 したがって、香港政府は、市民、事業主、さらには一部の健康専門家から、インバウンド旅行者のホテル検疫を終了するよう圧力を受けています。 今年初めの香港でのコロナの波の後、特別行政区でのコロナ感染が海外からの輸入症例を明らかに上回ったため、需要はさらに強まりました。

香港の経済は過去 2 四半期にわたって縮小しており、景気後退にあることを意味します。 財務長官のポール・チャンは、財政赤字が年末までに1000億香港ドルに達すると予想している。 コロナ前、香港空港は世界で最も忙しい空港の1つでした。 現在、乗客数はパンデミック前のわずか 3.8% です。

日本も緩和を発表

金曜日、香港の航空会社であるキャセイ パシフィック航空とその格安航空会社である香港エクスプレスのウェブサイトには予約リクエストが殺到し、キャセイ パシフィック航空は 10 月から 200 の追加路線を発表しました。 ただし、近い将来、香港発着のフライトが大幅に増加するとは予想されません。 最後に、多くの国際航空会社が接続を縮小または停止しています。

日本はまた、コロナのパンデミックにより、2年半の間、外の世界から大きく孤立していました. 木曜日にニューヨークを訪問した岸田文夫首相は、外国人観光客の制限が 10 月 11 日に終了すると発表した。 その後、2020 年 3 月に一時停止されたビザなし入国プログラムが再び実施され、現在 1 日あたり 50,000 人に制限されている海外からの入国制限が解除されます。 6月にガイド付き団体ツアーが許可された後、9月か​​ら外国人による日本への個人旅行が再び可能になりました。 ただし、旅行代理店を通じて予約する必要があります。

Wakabayashi Chie

「熱心なトラブルメーカー。アマチュア旅行の第一人者。熱心なアルコール愛好家。ゾンビ学者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。