日本は7月に入国上限を再び引き上げたい

7月1日から1日あたりの入国者数の上限が2万人に制限されていたが、6月10日から観光客の入国が再開されるため、来月から制限を3万人に引き上げる計画だ。

現在、1日2万人が入国を許可されており、帰国者、ビジネス旅行者、留学生、観光客が含まれています。 したがって、特にクルーズ業界は、さらなる増加を求めています。

観光のブレーキとしての天井

観光がゆっくりと回復するにつれて、1日の上限はすぐになくなる可能性があるため、足かせになる可能性があります.

日本ではガイド付き団体ツアーのみが許可されており、国際的な反感を呼んでいますが、観光業界は依然として多くの人が海外から来ることを期待しています. ほぼ 2 年後、ようやく観光客は再びこの国を旅行する機会を得て、世界中で再び旅行への欲求が高まっています。

ただし、98カ国の人だけが 「青組」 それは、 日本政府の一部門これはリスク評価に似ています。

完全にやめたほうがいい

「ブルーグループ」は、これらの国の人々が入国管理と3日間の検疫を免除されることを意味します。 これには、たとえば、米国と中国が含まれますが、ドイツも含まれます。

上限を引き上げるとともに、廃止や感染状況の厳重な監視を求める声が高まっています。 これにより、日本への入国がはるかに簡単になります。

Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。