日本は若者にもっとアルコールを飲むよう奨励している – 税金がかかるから

  1. バズフィード
  2. 新しい

設立:

の: ヤナ・スタベナー

日本の若者はお酒をあまり飲まなくなりました。 政府はそれを好まないので、若者に飲酒を奨励するキャンペーンを行っています。

最近の研究によると、アルコールは若者にとって特に有害であり、40 歳未満の人はアルコールをまったく飲まないことが理想的です。 これを知っていると、現在、日本政府がプロアルコールキャンペーンで若者にもっと飲酒させようとしているとは信じがたい. 「Sake Viva」をモットーに、20 歳から 39 歳までの若者は、アルコール飲料をどのように若者に売り込むことができるかについてのアイデアを提示することが期待されています。

などなどの報告もされています ZDF Instagramで(以下を参照)。 キャンペーンの理由: アルコール税は州に多くのお金をもたらします。 しかし、日本の若者の飲酒量は 25 年前に比べてはるかに少なくなっているため、これには欠けています。 平均して、これは住民 1 人あたり年間 75 リットルのワインにすぎませんが、1995 年には 100 リットルでした。

政府は若者にもっとアルコールを飲むよう奨励したい – 「これは私たちの国にとって良い政策ではない」

として 南ドイツ新聞 (SZ) 報告によると、日本の若者はコロナ パンデミックによって課せられた制限により社交を断念し、それがアルコール消費量が急激に減少した理由です。 10年前の酒税騒ぎは国庫にとって悪い SZ 総税収の3%。 2020年はわずか1.7%で、すでに48兆円(約3500億ユーロ)の赤字を抱えている日本の国家予算では特に顕著です。

しかし、日本人はこのイニシアチブについてどう思いますか? ユーロニュース (上のビデオを参照)は、東京の通行人にインタビューします。 政府が若い人たちにより多く飲酒するように支援するのは良い考えだと考える人もいます. 一人の女性は街頭インタビューで、特に日本の「お酒を飲む世代」が引退しているので、それは重要だと語った. 一方、協会「Non à l’alcool」の理事は真剣に取り組んでいます。 ユーロニュース 「わが国にとって良い政策ではない」という理由で。

日本の若者はますます飲酒量を減らしているため、政府は現在、それに反対するキャンペーンを主導しています. ©IMAGO/東舎慎吾/AFLO

ドイツでは考えられない

このようなプロアルコールキャンペーンはここでは考えられないように見えるので、ドイツは確かにそれに続くだろう. 2022 年 5 月には、クラウス ラインハルト博士もアルコール飲料の広告の禁止を求めました。 アルコールはドイツではどこにでもあります – マイナス面は簡単に見落とされたり抑制されたりします、と彼は言います. ドイツ中毒問題センター (DHS) も同意し、アルコール広告の禁止を中毒との闘いの「利益」と見なしています。

Burkhard Blienert は現在、連邦政府の依存症および薬物担当委員です。 彼とそれ 連邦保健省 は、アルコールの危険性と、ドイツの 6 人に 1 人が健康に危険な形でアルコールを摂取しているという事実に関する情報を提供し続けています。 政治家はツイッターでアルコール予防にも取り組んでいます(下記参照)。 国の財源を満たすためにアルコール消費に反対するキャンペーンは、ドイツにとってかなり非現実的であるように思われる. 政府は、「安全第一」に基づいて大麻を合法化することを約束しています。

Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。