日本は経済報告でCovid-19に言及しなくなった

2年ぶりに月次推計から「コロナウイルス」が脱落するなど、日本経済は回復の兆し、コロナ禍からの回復の兆しも 経済報告 政府が含まれます。

新型コロナウイルスの再流行にもかかわらず、日本社会の社会経済活動は続いています。 一般的に、人々はもはやパンデミックについてあまり心配していないようです。

経済報告は引き続きリスクを示しています

ロシアとウクライナの間の戦争により、中国の大規模な地域の閉鎖により、重要なサプライチェーンが混乱し、商品価格が上昇しました。

1月から3月までの国の国内総生産データによると、前四半期に2.5%増加した後、個人消費は、オミクロンバリアントによって引き起こされた緊急事態に近い状況下でも停滞しました。

消費者物価は小幅上昇

3月にコロナ制限が完全に解除され、レストラン、休日、出張が無制限になるため、個人消費は引き続き回復することが期待されます.

経済報告によると、新規雇用数は「回復の兆し」を示しており、5 か月ぶりに評価を上方修正した。 彼は、失業率の低下と、製造業とホスピタリティ業界での雇用の増加を挙げました。

生鮮食料品を除くコア消費者指数は、4 月に前年比で 2.1% 上昇しました。 これは、食料とエネルギー価格の上昇によるものです。 もう1つのストレス要因は、東京のガソリンスタンドで1リットルあたり170円に達することもあるガソリン価格の上昇です。

輸入は半年ぶりに格下げ

中国からの輸入も、ZERO-COVID政策による供給ボトルネックにより減少している。 当時、輸入状況は「弱い」と表現されていましたが、現在は4月に「ほぼ変わらない」と評価されています。

経済回復の兆しにもかかわらず、一部の日本の製造業者が生産を停止したため、ウイルスと戦うために中国が講じた措置が影響を与える可能性があるという警告が発せられています。

政府は世界経済の評価を引き下げ、2番目に大きい経済におけるゼロCOVID政策のために中国の回復が失速していると述べた。

Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です