日本は核兵器のない世界のための計画を推し進めている

ニューヨークで開催された国連会議で、日本の岸田文夫首相は、核兵器のない世界のための計画を呼びかけました。 岸田氏によれば、国際社会はこの目標を達成するために力を合わせる必要があります。

岸田氏は、国連会議に出席した最初の日本人リーダーです。 彼はまた、核保有国に対し核兵器の透明性を高めるよう求め、広島と長崎への訪問中に若者が原子爆弾について学ぶのを助けるために、日本は国連警察を設立するために1000万ドルを寄付すると述べた。

日本は核兵器のない世界への道を放棄する選択肢はないと考えている

岸田氏は、核兵器のない世界への道は、特にウクライナでの戦争で核兵器を使用するというロシアの脅威により、世界が厳戒態勢に置かれているため、ますます困難になっていることを認めた.

しかし、日本の首相は、この道を断念するという選択肢はないと強調した。

岸田首相は演説で、「広島の首相として、核兵器のない世界に向けて一歩一歩前進するためにあらゆる現実的な手段を講じなければならないと信じている」と述べた.

会合で発表された「ヒロシマ行動計画」の一環として、岸田氏は、核兵器の不使用の記録を追求することの重要性を強調し、すべての原子力保有国に対し、核分裂性物質の生産状況に関する情報を開示するよう求めた。

核兵器管理条約は、英国、中国、フランス、ロシア、米国を核保有国として認めています。

この条約は、核兵器と核技術の拡散を防止し、核エネルギーの平和利用を促進し、核軍縮を達成することを目的としています。

岸田氏はスピーチの中で、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領がロシアの核戦力を厳戒態勢に置くという命令に暗黙のうちに反対した。 移動する、そしてザポリージャとチェルノブイリの原子力発電所に対するロシアの攻撃に反対します。 岸田氏は過去にロシアの脅威を公然と批判していた。

「ロシアが最近作った核兵器を使用するという脅威を決して容認してはならない」と岸田氏は語った。 「ロシアによる最近の核施設への攻撃は容認されてはならない。」

北朝鮮を見ると、どうやら 今年も核実験を計画中岸田氏は、日本は北朝鮮の核・ミサイル問題に国際社会と協力して対処すると述べた。

広島でのミーティング

彼はまた、核軍縮について議論するために、日本が政治指導者や科学者を含む著名人の国際会議を11月23日に広島で主催すると発表した。

米国の核の傘の下にある日本は、2021 年に発効した核兵器禁止条約に参加しませんでした。原爆被爆者からの、特に日本政府の立場の変更を求める声にもかかわらず、日本は参加しませんでした。

Elite Boss

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。