日本は新型コロナウイルスの感染者数が世界一

世界保健機関 (WHO) によると、日本では 7 月 18 日から 24 日の週に新型コロナウイルスの感染者数が最も多くなっています。 チェックインした.

このアジアの国は、この期間中に969,000人以上の感染を報告しており、米国は約860,000人、ドイツは約570,000人に続いています。

新規感染者が増え続けている

日本のより多くの都道府県が毎日新しい最高値を報告しています 新しい感染症特に、数日前に医療のための緊急事態を宣言した沖縄県。

全国のますます多くの病院が、患者の流入に対応できなくなったため、患者の受け入れを停止し始めています。 その結果、全国の救急車は、患者が受け入れる医療施設を見つけるのに苦労しています。

大阪府は、コロナ患者の病床稼働率が50%を超えたため、「緊急警報」を発令しました。 県内の感染状況は最高レベル。

一方、大阪でも医療緊急事態が宣言されており、医療システムが圧倒されているため、住民は注意を払い、緊急時にのみ医療を求めるよう奨励されています.

多くの問題にもかかわらず、制限は予定されていません

しかし、吉村博文大阪府知事は、大阪府に準緊急措置を課すよう政府に要請するつもりはないと述べた。 県は、レストランやバーにも営業時間の短縮を要請しません。

日本の首都である東京も、数日前に警戒レベルを引き上げました。

一方、パンデミック関連の問題について日本政府に助言する厚労省の専門家グループは、人々に他の人との接触を制限するよう促しています。

パネルはまた、状況が経済に悪影響を及ぼし始めていると警告しています。

委員長で国立感染症研究所の脇田貴司所長は記者会見で「医療体制の状況はますます深刻になっている。 「死亡者数と重篤な症状のコロナウイルス患者の数は増加し続けると予想されます。」

脇田氏は「国民一人ひとりがコロナウイルス対策をしっかりと行う必要がある」と述べ、3回目の接種や5歳から11歳の子どもへの接種など、新型コロナウイルスの予防接種を推進する必要性を強調した。

新たな感染者が急増しているにもかかわらず、日本政府は現時点で制限を計画していません。 日本の首相は、社会経済活動と感染のさらなる拡大を防ぐための対策とのバランスを取りたいと述べました。

Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。