日本は平和主義から遠ざかりつつある | アジア | アジア DW

ウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領は、3月の日本の議会へのビデオリンクで、日本を「ロシアに圧力をかけ始めたアジアで最初の国」と称賛した。 実際、東京政府はロシアの侵略を非難し、ためらうことなくほとんどの西側諸国の制裁に同調した。

ロシア中央銀行と 2 つの主要銀行の資産、および 500 人のロシアの個人と組織が凍結されました。 ロシアへのハイテク輸出と新規投資は禁止され、ロシアは貿易における最恵国待遇を剥奪された。 さらに、日本は、シベリアでの共同生産プロジェクトからの液体ガスではないにしても、ロシアの石炭なしで迅速にやりたいと考えています。 ロシアに進出している日本企業168社のうち、トヨタやソニーなど60社が倒産した。

日本の鉄道に関するウクライナとの連帯

西側との明確かつ急速な党派心は、日本の外交・安全保障政策の方向性を示している。岸田文夫首相は、自分の政治的利益と経済的利益をより適切に主張できるように、日本を世界政治の主要なプレーヤーとして紹介したいと考えている. 2012 年末から 2017 年半ばまで外務大臣、一時国防大臣を務めた 64 歳の男性は、一方では唯一の安全保障パートナーである米国と同盟を結ぶつもりです。 、そして一方で、この同盟における以前のジュニアの役割からの解放について。 「日本は、ロシアのウクライナ侵攻を参考にして、安全保障政策を再調整するだろう」と、ドイツの日本専門家である仙台女子大学のセバスチャン・マズロー氏は語った。

NATOモデル

その結果、安倍晋三首相のもとで始まった戦後の平和主義からの転換が加速する可能性が高い。 安倍首相は、日本が戦争を行う権利と軍隊を保有することを否定する憲法第 9 条の平和主義を再解釈し、日本に対する「重大な脅威」が発生した場合に、国際同盟国を守るための日本の「自衛隊」を承認しました。

たとえば、アメリカの軍艦が攻撃された場合、日本兵が助けに駆けつけることができます。 日本の経済物資を確保するのに役立つのであれば、軍は中東海域の機雷除去も許可されている。 これまでの日本政府は、この「集団的自衛権」を違憲として一蹴していました。

日本 | ビタリ・クリチコ・キエフ市長と角川大作京都市長

キエフ市と京都市の両市長、ウラジミール・クリチコ市長と角川大作市長のビデオ切り替え

ロシアの侵略戦争の影響を受けて、岸田の周りの保守的なエリートたちは、古い平和主義のタブーをさらに打ち破ろうとしている。 数日前、与党の自由民主党 (LDP) の治安政治家は、防衛予算を 5 年以内に経済生産の 2% に倍増するよう求めました。 安倍前首相の支持も得た。 「すべてのNATO加盟国は例外なく、防衛予算を自国の経済生産の2%に増やすことに同意した」と安倍首相は先週の「戦略研究フォーラム」で語った。 安倍首相によれば、防衛予算をそれほど大幅に増やさなければ、日本は馬鹿げている。

これまで、経済産出の 1% は、外交および安全保障政策の防御力を表す非公式な上限と見なされてきました。 「プーチンの戦争に加えて、中国と北朝鮮からの日本に対する脅威も、予算の増加を正当化するのに役立ちます」と専門家のマズローは言います。 平和研究機関 SIPRI によると、日本は昨年、防衛費を 7.3% 増やして 541 億ドルに達しました。 これは 1972 年以来最大の年間増加率です。

戦略の変更は、2013 年以来初めて国家安全保障戦略が改訂される今年後半に正式に決定される可能性があります。しかし、自民党の下位連立パートナーである公明党は、この方向性に間接的な反対を表明しています。 山口夏生党首は、社会支出が削減されたり増税されたりした場合、国民は倍増を「簡単に受け入れない」だろうと述べた.

「反撃する能力」

PLD の安全保障政治家は、敵のミサイル攻撃が発射される前に阻止できる兵器の導入も求めている。 しかし、安倍首相がかつて要求したような先制攻撃を実行する能力は、憲法の以前の平和主義的理解と矛盾するだろう.

日本 東京 PAC-3 地対空ミサイル

東京近郊のパトリオットミサイル防衛システム

日本国際問題研究所の小谷哲夫氏は、米軍専門誌スターズ・アンド・ストライプスに政府の現在の方針を次のように説明した。 ミサイルの最初の波を迎撃するために、既存のイージスとパトリオットの防衛システムに依存しています。 しかし、ミサイル攻撃が始まった後は、敵地の発射台と滑走路を破壊できなければなりません。 そのために、東京政府は将来、日本の領土に中距離ミサイルを配備することを許可する可能性があると、日本の防衛専門家はStars and Stripesに語った.

これまでのところ、核兵器は唯一のレッドラインのままです。 安倍前首相は最近、日本はドイツのように自国で米国の核兵器を許可すべきだと提案した。 しかし、岸田は安倍首相の考えをすぐに却下した。それは、核兵器を作らない、持たない、配備しないという日本の三原則と相容れないものだった。

Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。