日本は巡航ミサイルを開発する可能性がある


宮古島で旗を降ろす日本兵。
画像: Reuters/Issei Kato

中国が台湾を通過して日本列島に向けてミサイルを発射した後、東京は反応した。 どうやら、中国にも到達できるように、1000 発の巡航ミサイルを配置する必要があるようです。

J日本は、中国に対する有効性を高めるために、1,000 発の長距離巡航ミサイルを配置したいと考えています。 読売新聞日曜版が報じた。 同紙は政府当局者の言葉を引用して、誘導ミサイルは既存の兵器であり、その射程は 100 キロから 1,000 キロに拡大されると書いている。

ミサイルは沖縄が属する南西諸島周辺を中心に配備される。 そこから、彼らは北朝鮮と中国の海岸に到達することができた、と記事は述べている。 日本の外務省はこの報告書についてまだコメントしていない。

日本の平和憲法の下では、軍隊は自衛のためにしか配備できません。 この国は近年、軍事費を増やしています。

米国下院議長のナンシー・ペロシによる台湾訪問の後、この地域の緊張は再びエスカレートした。 とりわけ、北京は台湾の近くと日本の排他的経済水域に向けてミサイルを発射した。

Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。